エンタメ

オードリー若林正恭のバリバリ恋愛に「裏切られた」!? 「人見知り陰キャ」の熱愛に怒る声の矛盾

【この記事のキーワード】

 ただ若林については少し違う。「恋愛を我慢する」ことは押し付けられていなかったし、「ネタのために彼女作りません」とも言っていないが、「裏切ったのか若林」という声が出たのは過去に「女性が苦手」「人見知り」を自称していたためである。

 山里も若林の熱愛に「やってられないよ!」と嘆いたりしているが、1月9日放送のラジオ『たまむすび』(TBSラジオ)では、「(若林に対し)『人見知り芸人、女の子苦手芸人って言ってたくせに女優かよ』って言ってる人」に対し、「なんて見当外れなキレ方をするんだろうって思う」と疑問をぶつけている。「だって、(若林は)人間嫌いじゃなくて人見知りだから。人見知りだからこそ、気が合う人を唯一見つけたら仲良くなるだろうし。(人が)苦手なのに、話すことができた人を好きになることは普通だと思う」と説明しているが、納得だ。

 なお、若林は昨年11月に「女性に対してずっと恥ずかしかったけど、2年前くらいに、ようやく現場で(女性と)しゃべれるようになった」と、女性に対する苦手意識を克服したと話しており、南沢との交際についても共通の趣味であるプロレス観戦を通じて親交を深めていったと明かしている。山里の言うとおり、“女性が苦手な人見知り”でも恋愛はできるのだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)