連載

「ハゲ」を隠したい、髪を生やしたい…私はなぜそう思うのか?

【この記事のキーワード】
やまもとありさ

(C)やまもとありさ

 薄毛女性として「髪を生やす/増やすにはどうすればいいか」を模索し続けてきた漫画家・ やまもとありさ先生。連載を開始した2016年4月から、 間もなく丸2年が経過します。

 専門の美容サロン、海外でも評判のサプリメント、鍼灸、 食生活や睡眠の改善、運動。様々な方向から、自身の10代の頃のような頭皮と髪を「取り戻す」 ために働きかけてきましたが、しかし大きな変化は見られません。

 そこでやまもとさんは、「なぜ生やしたいのか」 を今あらためて考えます。これまで共感を求めて「 薄毛女子(すげじょ)」と語らうことはありましたが、今回はそうではなく、 円形脱毛症の当事者として、髪がないことによって生じる「生きづらさ」とは何かを社会学の視点から研究する吉村さやかさんに取材を申し込みました 。

(参考)「彼女がかつらを脱いだ理由――円形脱毛症と向き合って」

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

(C)やまもとありさ

1 2

やまもとありさ

2013年商業誌デビュー。2014年連載中止。2015年連載中止。漫画「あいこのまーちゃん」発売中&マンガonウェブ連載中

twitter:@slicesareta

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

スティグマの社会学―烙印を押されたアイデンティティ