社会

ニューヨークに住んで大阪人になった~ツイッターで発見したアイデンティティのお話

【この記事のキーワード】

なんちゃって大阪人 in  東京

 私の両親は神戸と岡山の出身で、私は京都で生まれて大阪で育ち、結構な年数を父親の転勤先の四国・香川県でも過ごした。したがって生粋の大阪人ではないどころか、どこか根無し草的な感覚もある。大阪弁もユルいというか、いわゆるコテコテではない。食も、お好み焼きと讃岐うどんがともに故郷の味だ。それもあり、日本にいた頃は関西人の自覚はあってもその意識が突出することはなかった。

 ただし、2年ほど東京の会社に勤めた時は同僚に関西弁を珍しがられ、ややノベルティ扱いもされた。東京の人には彼らがテレビで観ていた大阪の漫才師の正統な関西弁と、私の半端な関西弁の違いは判別できなかったのだ。東京でそんなことをいちいち説明してもしょうがないので、同僚のもう一人の関西人とともに大阪人を演じていたとも言える。

 私は私で生で聞く東京弁が珍しく、最初は「みんな喋り方がドラマみたいやん!」とおかしく感じた。標準語と東京弁の違いにも気付き、東京の人は日常生活では東京弁という方言を使っているのだと知った。それが東京の人たちのアイデンティティになっていることにも気付いた。

 社内には東北出身者もいて、彼らも標準語と東京弁をしゃべっていた。「なぜ標準語で話すの?」と聞き、「だって秋田弁だと通じないもん」と返されて「なるほどなぁ」と思った。彼らは彼らで「大阪の人って大阪弁を直さないよね」と不思議がっていた。私は仕事の場では標準語で話していたが、関西人同士で関西弁を使わない理由が見当たらないだけのことだった。

「No!」=「あかん!」

 ここで話は最初に戻る。他人の言葉とその背後にあるエスニック・アイデンティティに半端ない興味と関心を抱き続け、しかし自身のそれにはなおざりだった私が、ツイッターでの関西弁で関西人もしくは大阪人としての意識を芽生えさせてしまったのだった。「大阪ビートルズBot」@Osaka_Beatles ‏というアカウントを見つけた時には笑いが止まらなかった。ビートルズの曲名を大阪弁に訳しているのである。

Yes, It Is→「せやねん!」
Not A Second Time→「二度浸け厳禁!」

など分かりやすいものもあれば、

No Reply→「こんにちは、どなたですか、桑原の和ちゃんです、おはいりください、ありがとう」
Fixing A Hole→「京阪萱島駅」

など関西人にしか分からないものもある。

 いずれにせよどれも傑作で(いや、天才のレベル)、時々大笑いしながら読んでいる。まるで石川啄木の短歌「故郷の訛り懐かし停車場の人ごみの中にそを聞きに行く」である。

 私も時々、英語のスラングを大阪弁に訳して遊んでいる。これが妙にしっくりくるのだ。

Nah. →「ちゃうで」
See ya! →「ほなね!」
Oh my God! →「なんちゅう!」

 日本人という括りは私には大き過ぎてピンとこないのかもしれない。けれど関西人、大阪人という括りなら肌に馴染む。アメリカ人の中にもニューヨーカーもいればロサンジェリーナ(LA民)もいるし、テキサン(テキサス州民)もいる。それぞれ異なる英語を話し、異なる文化と異なるアイデンティティを持っている。

 私は関西人であると同時に、今となってはニューヨーカーでもある。ニューヨーカーという言葉、日本では華やかにとらわれがちだが、実態は行政予算は厳しく、移民も貧困層も多く、いや、それ以前にたくさんの普通の人が普通に暮らす街に住む庶民のことだ。ニューヨーカーという言葉が鼻につくようであれば、ニューヨーク市の住人と言い換えてもいい。そもそもどこであれ、20年も住めばその街の住人だ。私がインタビューした世界各国からの移民たちも同様に「ジャマイカ人であり、ニューヨーカーでもある」「ポーランド人であり、同時にニューヨーカーでもある」のだ。そのジャマイカ人やポーランド人も他者にはいちいち説明しないだけで、祖国内のローカル地域意識はきっとあるはずだ。

1 2 3

堂本かおる

ニューヨーク在住のフリーランスライター。米国およびNYのブラックカルチャー、マイノリティ文化、移民、教育、犯罪など社会事情専門。

サイト:http://www.nybct.com/

ブログ:ハーレム・ジャーナル

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ニューヨークで考え中