連載

豊原功補との不倫に「小泉今日子、目を覚まして!」 面倒くさい3人の俳優たち

【この記事のキーワード】

 今はあんまり「面倒くさい役者」がいなくて、保阪さんが懐かしいぐらいだけど(笑)。でも、たまにまだ「ちょっと面倒くさい人」で名前があがるのは……やっぱり向井理さんかなぁ。現在、吉岡里帆さんの主演ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)で不気味な男を演じているけど、マスコミ連中からは「ピッタリのハマリ役!」との声が多数。タッパもあるしあれだけのモテ顔で頭脳明晰だし、非の打ち所はないはずなんだけど、売れない時代から応援していた女性記者たちからは「理くんの取材態度は何とかならないかしら?」って、ため息まじりの愚痴がたまに聞こえてくるの。

 向井さんだけじゃなく、俳優さんが取材中に、記者と目を合わせないってことは時々あるの。理由はいろいろで「恥ずかしい」「面倒くさい」「そもそも取材が嫌い」とかね。でも一応、人としての礼儀でたまには相手の目を見てちゃんと話して欲しいのだけど、机の上に置かれた新聞や雑誌をパラパラめくりながらインタビューに答える俳優さんもいるのよ。

 で、いざ答えると意外と辛辣な言葉で独自の役者論をぶちまけたり、「あの作品は~」とちょっとした文句を言ったりね。プライベートを聞こうとすると「それはいらないでしょ?    誰が興味あるの? 知ってどうすんの?」なんて言われちゃったりね。

 まぁ女性ファンが多いから奥様や子供さんの話はしたくないんだろうけど、向井さんの粗塩対応は一時、ちょっとした話題だったから、すっかりトーンダウンした編集者たちもいたわ。まぁもう実力もある人気俳優で名前も十分に知られているから、取材なんかに頼らなくてもいいんだろうけどね。ちなみに『きみが~』で共演中の桐谷健太さんは対照的にめちゃくちゃ面白くて、取材でもサービス精神満載。「どこまで笑わせてくれるの」って感じで、みんなを楽しませてくれる俳優さんなの。

 よく大物俳優さんは「どんなに演技をして隠したつもりでいても、画面は正直だからね。その人が持つ人間性が、どこかでポロリと出ちゃうもんなんだよ」と言ってらして、なるほど~と感心しちゃうんだけど。画面通り、いい人な役所広司さんとか寺尾聰さん、渡辺謙さんとか、大物ベテランクラスは器が違い過ぎて、本当にいつも感謝感激よ! やっぱり本物は違うのね。

 一方で、画面の中では毒舌を繰り広げる中尾彬さんや泉谷しげるさん、松山千春さんなんかは、実際に会ってみるとあら不思議! 何ともダンディーで優しい素敵なオジサマたちで、会話をしているだけでトロトロとろけちゃうぐらいよ。こういう嬉しい裏切りは大歓迎!

 さて私たち、これからも翻弄されつつ、頑張って取材を続けていかなくちゃね。面倒くさい人もいらっしゃ~い! 立ち向かっていきましょ。春の新番組ラインナップもそろそろ出揃ってきたし、ますますガツガツ取材しにいきますので、皆様どうぞ宜しくお願いしま~す!

1 2 3

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

小泉放談 (宝島社文庫)