連載

薄毛の女性が見えづらい社会。「治す/隠す」以外の選択肢を増やしていく

【この記事のキーワード】
薄毛の女性が見えづらい社会。「治す/隠す」以外の選択肢を増やしていくの画像1

(C)やまもとありさ

 この2年、漫画家・ やまもとありささんは、若い薄毛女性の当事者として「髪を生やす/増やすにはどうすればいいか」を模索し続けてきました。しかし、円形脱毛症の当事者として、髪がないことによって生じる「生きづらさ」とは何かを社会学の視点から研究する吉村さやかさんに出会い、新しい視座に立とうとしています。

(参考)「彼女がかつらを脱いだ理由――円形脱毛症と向き合って」

【前編はこちら】

(編註:前編公開時の吉村さやかさんの肩書きは「聖心女子大学特別研究員」となっておりますが、2018年4月より「日本大学大学院 文学研究科 社会学専攻 博士後期課程」に在籍されています)

 

薄毛の女性が見えづらい社会。「治す/隠す」以外の選択肢を増やしていくの画像2

(C)やまもとありさ

薄毛の女性が見えづらい社会。「治す/隠す」以外の選択肢を増やしていくの画像3

(C)やまもとありさ

薄毛の女性が見えづらい社会。「治す/隠す」以外の選択肢を増やしていくの画像4

(C)やまもとありさ

薄毛の女性が見えづらい社会。「治す/隠す」以外の選択肢を増やしていくの画像5

(C)やまもとありさ

薄毛の女性が見えづらい社会。「治す/隠す」以外の選択肢を増やしていくの画像6

(C)やまもとありさ

薄毛の女性が見えづらい社会。「治す/隠す」以外の選択肢を増やしていくの画像7

(C)やまもとありさ

薄毛の女性が見えづらい社会。「治す/隠す」以外の選択肢を増やしていくの画像8

(C)やまもとありさ

1 2

やまもとありさ

2013年商業誌デビュー。2014年連載中止。2015年連載中止。漫画「あいこのまーちゃん」発売中&マンガonウェブ連載中

twitter:@slicesareta

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

私がアルビノについて調べ考えて書いた本――当事者から始める社会学 顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語