ライフ

ブラックデーを知っていますか? 記念日だから考えたい「プレゼントとお返し」文化

【この記事のキーワード】

 デパートで買い物するのは女性が多いという商業的な理由が大きいのに加え、日本のバレンタインデーはウーマンリブの影響を大きく受けています。女性が愛の告白をするのがむずかしかった時代に1年に1度、告白ができるこの日は、「女性ももっと意見を。恋愛においても女性がイニシアチブをとりましょう」と女性のライフスタイルが見つめ直された時期の象徴であり、画期的なものだったそうです。

 性別が決められているわけではないのにレディスファーストの精神で男性からになりがちな海外のスタイルから、ウーマンリブの精神で日本独自のスタイルにアレンジされた背景は興味深いですね。

 そしてホワイトデーは日本が起源の文化です。製菓業界からバレンタインのお返しの日をつくろうという動きがあり、飴やマシュマロを返す日として広まりました。その後お返しの幅は広がりお菓子に限定せずにプレゼントを返すことが多くなりました。お歳暮やお中元と似た、とても日本らしい贈答文化だと感じます。アジアには日本のバレンタイン&ホワイトデー文化が輸出されている国もありますが、義理チョコは基本的にないそうです。

 ウーマンリブの流れを受けてできたはずのバレンタインデー。しかし、義理チョコの存在やホワイトデーが設定されたことにより、「返ってくること」を意識する、あるいは義務感を強く感じる日になったと感じます。「義務感でチョコを配る」「返ってくるのを見越して渡す」というのは「女性がイニシアチブを取る」ということから離れてしまうのではないでしょうか。

義理チョコとホワイトデー、やめません?

 バレンタイン&ホワイトデーはよく商業主義だと批判されますが、私は商業主義自体は必要だと思っています。経済は活性化させて回すべきですし、いかに商業的に成り立たせるかは大切です。また「本来の意味にそぐわない」にしても、時代の流れで変化していくのも文化の面白さでしょう。

 しかしようやく性の多様性も認められてきた今の時代。バレンタインで男女の役割を分ける必要なんてないのではないでしょうか。原点に立ち返り、この日が男女問わずプレゼントを贈り合い、お返しや返事はその人の自由意志に任せられるようになるといいなと私は思っています。お返しは義務感でするものではないですし、むしろ「ホワイトデーがないと返事をしない」「人の好意を返さない」ほうがおかしいですよね。

 またバレンタインデーやホワイトデーを幸せに楽しむにはまずは、コミュニケーションを取って工夫していく必要があります。自分の意図をいわずに察してもらおうとすると、ストレスが溜まりますし、トラブルになりやすいです。自己完結せず、不安になったことや自分の考え、気持ちを押し付けずに率直に伝えたり聞いたほうがいいでしょう。人の好意は必ずしも受け入れたり返したりしなければいけないものではありません。ただ、相手の気持ちや好意を尊重し、削らないようなコミュニケーションを取りたいものです。

 みなさんは多くの人が幸せな形でバレンタインやホワイトデーを迎えるにはどう過ごしたらいいと思いますか? どう変わったら楽しく過ごせると思いますか? ブラックデーにジャジャ麺を食べてみたい方も、バレンタインデーとホワイトデーについていま一度、考えてください。

1 2 3

卜沢彩子

1987年生まれ。子どもの頃からの度重なる性被害経験を、2009年から実名・顔出しでサバイバーとして発信。個人やNPOで支援・啓蒙活動をつづけている。2016年に複雑化した社会問題を解決するためにA-live connectを開業。恋愛・性をはじめとした人間関係やコミュニケーションに関する相談や講演活動、記事執筆、SEX and the LIVE!!プロジェクトの運営など場作りを行っている。英才教育を受けたオタク。和柄とねこが好き。

twitter:@ayakourasawa

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

農心 オリーブチャパゲティ 1BOX (40入)【韓国じゃじゃ麺、ジャージャー麺】