エンタメ

岩田剛典『崖っぷちホテル!』は日テレの鬼門枠でも成功するか?

【この記事のキーワード】
岩田剛典『崖っぷちホテル!』、日テレの鬼門枠は大逆転喜劇! の画像1

日曜ドラマ「崖っぷちホテル!」公式サイト より。

 4月15日の日曜夜10時30分から放送されるドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)。同枠は同局では“鬼門”と呼ばれるほど視聴率が低迷し続けている時間帯だが、今作はキャストやストーリーもあえて「若者ターゲット」に絞っておらず、間口が広い。果たして『崖っぷちホテル!』はどんな物語なのか。

 キャストは、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典(29)が主役を務め、ヒロインに戸田恵梨香(29)の他、りょう(45)、渡辺いっけい(55)、鈴木浩介(43)と今作が連ドラ初主演となる岩田の周りを、どう転んでも棒演技などと揶揄されることのない実力派俳優たちが固めている。さらに、浜辺美波(17)や中村倫也(31)などの注目俳優や、野生爆弾のくっきー(42)、チャド・マレーン(38)、宮川大輔(45)などお笑い芸人も集められた。

 ドラマ『崖っぷちホテル!』は、ロケーションが客室・ロビー・プレイルーム・レストランなどすべてがホテルのみという“シチュエーション”密室劇として展開される。だからこそ役者の力量が試されることになるが、上記の面々ならば何も不安要素はなさそうだ。

 物語の舞台はヤル気・実力共にゼロのスタッフが集う破産寸前の元高級老舗ホテル。戸田恵梨香は同ホテルの威厳ゼロの新米総支配人・桜井佐那役として、次々と破天荒な注文をつける謎の訪問客・宇海直哉(岩田剛典)をもてなしていく。最終的に桜井は、日本中から「怪物」と呼ばれるホテル界の豪傑になることが予告されており、「崖っぷちホテル」の大逆転劇が描かれるとなれば、なにかと憂鬱になりがちな人の多い日曜夜に爽快な気持ちで眠りにつくことができそうだ。

 プロデューサーの福井雄太氏は「一週間の終わり、そして新たな一週間を始める準備の時、僕は今日の終わりのために楽しい気持ちになれて、明日の始まりのために勇気をもらえる作品を見たいと思いました。この作品に登場する人々はそんな想いを持って、皆さんの前に現れてくれます」とコメントしている。公式サイトには「日曜の喜劇はここにあり!」「たった1時間の「ご宿泊」で、笑って笑って、いつの間にやら感動する、そんな体験をお約束致します!!」と記載されている。三谷幸喜(56)脚本のドラマ『王様のレストラン』(フジテレビ系)や、映画『有頂天ホテル』を彷彿させる喜劇になるのだろうか。

 いまどき、どんな番組でも旬のイケメン俳優や安定感のある女優を起用するだけでは数字はついてこない。『崖っぷちホテル!』の岩田剛典も10~30代女性からアイドル的な人気を誇るパフォーマーだが、おそらくこれはアイドルドラマではないだろう。幅広い世代が楽しめる娯楽作品に仕上げてくれることを期待したい。

(ボンゾ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

週刊ザテレビジョン PLUS 2018年4月13日号 雑誌