エンタメ

山本耕史・堀北真希も小栗旬・山田優も…円満なのに不仲説が囁かれる芸能人夫妻たち

【この記事のキーワード】
山田優Instagramより

山田優Instagramより

 俳優の山本耕史(41)が411日、東京・六本木の在日スウェーデン大使館で行われたVOLVOのポップアップストア記者発表会に登壇し、家庭円満ぶりを明かしたことがニュースになっている。

 山本は元女優の堀北真希(29)と20158月に入籍、翌年12月に第一子誕生。堀北は昨年3月に突如芸能界引退を発表し、以降、表舞台には立っていない。そのため堀北の動向は、週刊誌の記事のほか、夫である山本がこうした場などで語られることにより世間に届けられる。

 さてこの日、山本は「もともとは仕事柄、マネジャーが運転することが多かったんですけど、今はプライベートで出かけるときは自分が運転することがより多くなりましたね」「やっと子供も歩けるようになってきたので、都内の公園とか、歩き回れる公園まで走って行ったりすることが多いですかね」と、結婚して生活が変わり、家族で公園などに車で出かけることを明かした。

 車はいつも山本が運転し、その後ろに子供(チャイルドシートは後部座席と決まっているため)、その隣に堀北が座るそうで「1人じゃないのに1人に。本当に運転しかしてない。寂しいと同時に、責任を任されているなと気合は入ります」と、父親として家族を乗せて運転することの責任の重さを感じていると語った。

 堀北との関係については「僕は『はい!』って言っているだけ。それが僕は心地いい。僕が主導権握っても大したことなさそうですし、男なんて夢ばっか語っているだけ。女性のほうが現実で、女性に任せておいたほうがいい」「折れるのは僕です。ヤバイなと思ったらすぐ僕が(謝る)。歳も一回り違うので『こんな僕をもらってくれたんだから、言うこと聞こう』って。そんな自分も悪くないと思っている」と語る。妻に主導権があることを肯定的に受け入れ円満に過ごしている様子だ。

 ふたりは2009年放送ドラマ『アタシんちの男子』(フジテレビ)の共演で知り合い交際に至ったが、ベタ惚れした山本からの40通のラブレター攻撃や、プロポーズのために堀北の乗る予定だった新幹線に乗り込んだといったガッツ溢れるエピソードが当時報じられたことでストーカー呼ばわりされることもあったが、これはのちに山本が「40通送ったのは事実だがラブレターではない」「新幹線に乗ることは聞いていた」など、ある程度二人の関係性があってこその行為だったと釈明している。

 なんにしろ堀北は今はキッパリ仕事を辞めており、おそらく家族仲良く過ごしている。産後、山本が家にあまり寄り付かない、堀北が子供を連れて北海道へ行ってしまった、早くも夫婦危機だなどと週刊誌が騒いだこともあったが、山本の話しぶりからすると円満そのものなのだろう。

 そんな山本・堀北夫妻よりもずっと長期間、不仲説を流され続けているのが、小栗旬(35)と山田優(33)夫妻だ。山田がInstagramに写真を投稿すると、「ガリガリに痩せすぎ!」「不幸そう」「小栗とうまくいってないんだね」とすぐさまネット掲示板が沸く。小栗の“浮気癖”がその根拠だが、では実際のところ彼らの夫婦仲はどうなのか。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。