社会

元NHK登坂淳一アナが『ワイドナショー』で無反省ぶりを露呈…松本人志も勘違い発言で歪んだ性暴力認識の垂れ流し

【この記事のキーワード】
フジテレビ公式サイトより(登坂アナは写真中央)

フジテレビ公式サイトより(登坂アナは写真中央)

「麿」の愛称でおなじみの元NHKの登坂淳一アナウンサーが、本日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演。「週刊文春」(文藝春秋)201821日号によるセクハラ報道により、今月からスタートする予定だった『プライムニュース』(フジテレビ)降板後、初めての地上派テレビ出演で、自らのスキャンダルについて語った。

  まず騒動を振り返ると、事件が起こったのは、20116月のこと。当時、登坂アナは北海道放送局に勤務しており、夕方のニュース番組『ネットワークニュース北海道』などを担当していた。

「週刊文春」報道によれば、取材後の打ち上げの二次会の席で問題は発生した。その飲食店のトイレ前の廊下で、当時20代だった契約キャスターの女性に対し、数回にわたりキスを迫った挙げ句、ブラウスに手を入れて胸をまさぐり、さらに、スカートをまくりあげて下腹部にまで手を伸ばしたということだった。後日、登坂アナは上司を通じて、女性に謝罪したという。

 登坂アナは東京からやって来たNHKを代表する看板アナウンサー。一方、被害女性はNHKのローカル局と契約を交わしたばかりの新人アナウンサー。圧倒的な力の差を利用した、悪質極まりないセクシャルハラスメントであり、パワーハラスメントである。拒む女性に対して性的な行動におよんだことから、強制わいせつでもある。

 この記事が表沙汰になってからほどなくして、登坂アナは『プライムニュース』から降板することが発表された。

 そして、問題の『ワイドナショー』である。

 番組にて、登坂アナはセクハラ行為におよんでしまった理由について、「(お酒を飲んで)記憶が散漫だっていうのも少しありますし、そのときの自分の体調が良くなかったのもあって……」という発言で説明。

 これに松本人志は「体調が良くないと、ちょっとエロになるんですか?」とツッコミを入れていたが、「体調が良くなかった」という説明は、ブラウスに手を突っ込んだりスカートをまくって下腹部を触ったりした行為の理由づけには、一切なっていない。

 また、この『ワイドナショー』でもうひとつ驚いたのは、「謝罪」した先が、被害女性ではなく、フジテレビであったということだ。

 芸能レポーターの長谷川まさ子氏から「今回の騒動から学ばれたことってありますか?」と質問された登坂アナは「これだけの反応になってしまって、新しい番組をせっかくオファーいただいたのに、その番組を良くしようとフジテレビの皆さんと考えていたのに、この騒動になってしまったので、迷惑をかけてしまって、本当に申し訳ないなと思います」と回答。フジテレビに対しては謝罪の意を表したものの、番組内で女性に対しての謝罪の言葉は皆無だった。

 登坂アナは『ワイドナショー』放送に先駆けて、今月10日に発売されたばかりの「婦人公論」(中央公論新社)2018424日号に出演。セクハラ騒動についてインタビューを受けているのだが、こちらもまた言い逃れの連続なのであった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く―こじらせない! 職場ハラスメントの対処法