エンタメ

ジャニーズ事務所は山口達也の事件で完全に信用を失った

【この記事のキーワード】
ジャニーズ事務所は山口達也の事件で完全に信用を失ったの画像1

記者会見での山口達也

 425日に発覚した、TOKIO山口達也(46)の女子高生への強制わいせつ容疑での書類送検。同日夕方にNHKニュースが第一報を伝え、テレビの民放各局、新聞、スポーツ紙、ネットニュース、様々な媒体が一斉に報じた。山口達也は426日に記者会見し、被害者や迷惑をかけた関係各位に謝罪するとともに芸能活動の無期限謹慎を発表した。

 山口達也および記者会見に出席した顧問弁護士の説明によると、事件は今年212日に起きた。これまで業界内でも極秘裏にされていたが、実は山口は肝臓の調子を悪くしており、健康管理のため1月中旬から212日まで入院していたという。入院先の病院から仕事に通う生活をおよそ一カ月間続け、212日も早朝から仕事。午前中でその仕事を終え、荷物をまとめて退院、自宅に戻って昼から酒を飲んだそうだ。

 212日は月曜日だった。山口達也は月曜と水曜に朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)のパーソナリティーを務めており、その仕事の後だったということになる。1人で焼酎一瓶ほどを飲み酔っ払った山口は、被害者となった女子高生に電話。話しているうちに「今からうちに来れば?」と呼び寄せたという。女子高生は友人を伴い、山口の自宅マンションを訪れ、強制わいせつの被害にあった。このとき山口は泥酔していたが、そのような犯罪行為をはたらいてしまったことは間違いないと容疑を認めている。

 女子高生は警察に被害届を提出したが、そのことを山口が知ったのは3月末だったという。事件にもよるが警察は被害届を受理してすぐに逮捕に動くわけではないため、警察が「被害届が出ているので話を聞きたい」と山口に連絡したのが3月末だったということだろう。それから警察の事情聴取がはじまったが、そのときのことを山口は会見でこう述べている。

山口<3月末に取り調べが始まって、私の記憶を思い起こすのに1カ月もあったんで、やっぱり内容が内容なだけに、こういうことがありましたと(いうのは)すごく怖かったので自分でも。なかなか事務所の誰に相談していいかもわからず、3月の末から4月の頭にはすぐ相談して>

 警察からの連絡を受けるまで、山口達也は自分が加害行為をしたとは気付いていなかった。会見でも「事件性があることだとは思っていなかったです」と発言しており、212日以降3月末まで、自分が犯罪を犯していたと知らずに、普通に仕事をしていたという。

 しかし山口および所属するジャニーズ事務所が事件だと認識した4月頭から、事件が報道されることとなった425日までの期間、山口は3月末までと同じように、テレビ収録や生放送などの仕事に臨んでいた。425日も、フジテレビのスタジオで『TOKIOカケル』の収録をしており、事件が報じられたと知ったのは収録後の18時半頃だったという。

 この点について、記者会見では「今回報道がなかったらそのまま活動を続けるという考えだったんですか?」「隠蔽するつもりだった?」と鋭い質問が飛び交った。山口は隠蔽の意図は否定したが、「いつか公表したいと思われていた?」との質問には、混乱をうかがわせた。

山口<それは今はちょっとわからないです……。3月の後半にこういうことになって、バタバタバタバタ、捜査をしている最中なので。まだそこまで、どうしようかということまでは考えておりません>

 事件報道があった425日の朝、山口達也はいつもどおり『ZIP!』に出演していた。どういう気持ちで仕事に臨んでいたのかを聞かれ、言葉に詰まりながら、こう応えている。

山口<視聴者の方とか関係者の方には申し訳ないなという気持ちで、毎日過ごしてまいりましたが……やはり、私もプロとして仕事をやらせていただいているので、そこでおかしな行動であったり発言であったりすることは、スタッフや視聴者の方、ファンのみなさんに失礼にあたるので……反省しながら、でも仕事はしっかり今まで通りやる、ということを決めて、はい。やってまいりました>

山口<仕事はやっぱり、やらなくてはいけないので。いただいた仕事は、一生懸命やっていました>

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。