エンタメ

『モンテ・クリスト伯』近親相姦を促す復讐作戦が鬼畜すぎ!冷徹で残酷な計画に踊らされる

【この記事のキーワード】
これ(左:脱獄直後)が→こうなる(右:モンテ・クリスト・真海)

これ(左:脱獄直後)が→こうなる(右:モンテ・クリスト・真海)

 木曜22時枠の連続テレビドラマ『モンテ・クリスト伯華麗なる復讐』(フジテレビ系)第4話が510日に放送された。初回の放送は視聴率5.1パーセント(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とふるわなかったが、第2回は5.7パーセント、第3回は7.1パーセントに激増と右肩上がりを続けている。それもそのはず、面白いのだ。ご都合主義でもいい、面白いのだから。

 警視庁公安部の刑事・入間公平(高橋克典)に嵌められ、無実の罪でラデル共和国にて投獄された柴門暖(ディーン・フジオカ)。田舎の漁師町で遠洋漁業の漁師として生活していた暖が逮捕されたのは、最愛の女性、目黒すみれ(山本美月)との結婚式の日だった。同じ囚人だった男……ラデル共和国元大統領(田中泯)とともに穴を掘り投獄から14年後に脱獄した暖は、辛すぎる現実を知る。

 柴門暖が投獄されたのは、入間や先輩漁師(その後地上げ屋から不動産会社を築いた)の神楽清(新井浩文)、香港で俳優になりすみれと結婚した幸男(大倉忠義)たちに陥れられたせいだった。彼らへの復讐を誓う暖。暖は元大統領の遺産を相続して大富豪の投資家、モンテ・クリスト・真海(しんかい)として彼らの前に現れ、復讐相手である入間とその若い後妻・瑛理奈(山口紗弥加)、そして神楽とその妻・留美(稲森いずみ)、さらに幸男を自分の邸宅におびき出し料理を振る舞った。この晩餐で復讐を繰り広げるのではない。あくまでもこれは裏切者たちの面通し。暖こと真海は彼らの大事なものを奪うことを決意していた。そして幸男のマネジャーが真海の味方として動いていたこともわかる……。ここまでが第3話のあらすじだ。

 かつて同じ田舎町で働いていたはずの暖が、いくら上等なスーツに身を包んでいるからって、全然同一人物だと気づかない幸男や神楽ってどんだけ? すみれに至っては婚約者だったのに気づかないの、それとも薄々感づいてて気づかないふりしてるの? 同じ田舎町から東京に出てきて成功してるまではいいけどみんな近いエリア(港区ではなく湘南海沿い)に住んでるっぽいのはなんなの? 疑問は尽きないが、スピーディかつスリリングな展開でねじ伏せられていく。最終回まで押し切られそうだがそれでもいい、楽しもう。

 第4話。とある土地開発プロジェクトの地鎮祭に、神楽が留美とともに出席。神楽は次の国有地の取引のため、同じく出席していた政治家・木島義国(嶋田久作)とつながりを強めたいと考えていた。だが木島は神楽に国有地取引に他の建設業者も動いていると伝える。神楽は留美を残して先に会場を出たが、留美の携帯に入間から電話が入った。真海について、投資家になる前の経歴が不明であること、近づくなと注意をしてきたのだ。電話を切ったところで目の前に真海が現れた。

 留美は驚きながら真海になぜここにいるのかと聞いたところ、神楽にテナントの相談に来たと答えた。アパレルブランドを立ち上げようとしている若者・安堂完治(葉山奨之)の支援をしているのだという。連れてきた青年を留美に紹介すると、留美は完治の熱意に触れ、なんとか役に立ちたいと、神楽の力を借りて金を用立てようとする。

 うーん、どうして留美が見ず知らずの若者(しかも親子ほど年が離れている)の役に立ちたいと思うのかこの時点ではわからないのだが、まあきっと、寂しいんだろう。神楽は留美にこれっぽっちも愛情を持っていなさそうで嫌な感じだからな。

 一方、入間のほうは、娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚式の日取りを強引に決めた。大学で海洋生物の研究をしている未蘭は、まだ結婚なんてしたくない。まして親の政略で決められた好きでもない男となんて。未蘭は祖父の貞吉(伊武雅刀)に相談したいと言い、入間と瑛理奈とともに貞吉の部屋へ向かう。目を見開いたままで寝たきりの貞吉はとても会話ができる状態ではない。「まだ結婚には早いと言って欲しい」と貞吉に語りかける未蘭。入間は未蘭の意思を無視して結婚準備を進めはじめた……

 さて、留美は完治への出資を神楽に頼むが断られたため、自分で何とかしようと若いつばめ(出張ホストだろうか)たちに教えて貰った仮想通貨取引を始めたところ、翌日に暴落。真海が裏で大量に売りを出し相場を下げていたのである。1000万円を失った。もちろん仮想通貨出資を促すよう若い男たちをそそのかしたのは真海の策略であった。なんなら、神楽をビジネスが上手くいかず動揺させるのも、幸男を怯えさせるのも、裏で糸を引くのは真海である。どこまで先を見越して計算しているのか……AIか? 牢獄で急激にIQが上昇したのか?

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

モンテ・クリスト伯 (上) (岩波少年文庫 (503))