ライフ

妊娠が発覚したとき「絶望に近い感情」…望んでいた妊娠でも、いきなりは喜べない理由

【この記事のキーワード】
Thinstock/Photo by kieferpix

Thinstock/Photo by kieferpix

 先月末に第一子妊娠を報告していたお笑い芸人のロリィタ族。(32)が、5月6日~9日にかけて更新したブログで、妊娠発覚時「『絶望』に近い感情」だったことを打ち明けている。昨年11月にお笑い芸人・浜辺のウルフ(41)と入籍したロリィタ族。は、430日にブログで妊娠報告した際にも、「安定期に入りまして秋頃出産予定でございます。やったー!大好きなダンナとの子供を授かれて本当に嬉しいです!」「私はママになります!」と喜びの気持ちを表す一方で、「安定期まで報告出来なくてつわりで寝ていた期間、色々と考える時間を過ごしていたのですがようやく色々なことを決意したので」と、妊娠判明から報告に至るまでの間に何がしかの葛藤があったことを覗かせてもいた。

 翌51日~3日に更新されたブログでの「妊娠前」の話によれば、結婚後、ロリィタ族。は妊娠を強く希望し、排卵日予想アプリに登録するなど真剣に妊活を行っていたそうで、子供を持つことを躊躇している夫の浜辺のウルフを押し切る形で妊娠にこぎ付けた格好だったそうである。ところが、妊娠を望み行動していたにもかかわらず、妊娠検査薬で陽性反応が出ると、意外な感情に襲われた。

<この時私は『うれしい』という感情は一切湧かず『絶望』に近い感情だった。>
<しばらくお笑いできない>
<子供は望んでいたし、願っていたことなのに皆とは別の場所に行ってしまうような寂しい感覚、感情が嬉しい気持ちを上回りました>

 産婦人科で検査を受け、改めて妊娠を確認してからも、喜びや感動よりも、恐怖や不安という感情が先行していたという。

<実感が少しだけ沸くけどやはり落ち込んだ。自分の今の生活ががらりと変わってしまう恐怖がすごかった。>
<私の人生はどうかわるんだろう>
<とりあえず謎の恐怖のまま家へかえる。不安で押し潰されそうだった。>

 妊娠を望んでいたのに、どうして? と不思議に思う人もいるだろう。ただ、これらはあくまでも妊娠発覚時の感情であり、現在もそのままの気持ちなわけではないという。

 しかしながら実に率直だ。たとえ過去形であっても自分の「妊娠」にネガティブな感情を抱いたことを明かす芸能人はほとんどいない。芸能人に限ったことではないだろう。「妊娠」は無条件におめでたい、祝福すべき事柄であり、これを絶望などと表現すると、即ちお腹にいる我が子の存在を否定するひどい母親を意味するようで自分自身が罪悪感に襲われるのではないか。まして、人に打ち明けるなんてもってのほか。仮に誰かに打ち明けたところで、「妊娠・出産で人生が変わるのなんて当たり前で、それをわかった上で妊娠を望んだんでしょ?」という、産後のしんどさを公表したときに受けるのと似た反応が返ってくるかもしれない。

 確かに「妊娠・出産で人生が変わるのなんて当たり前」だが、とはいえ、妊娠がわかった瞬間からすぐに「OK、じゃあ今日から妊娠モードで。産んだら育児モードね」と簡単に切り替えられるものだろうか。妊娠が判明した時に自分がどのような気持ちになるのか、「その時」になってみないやっぱりわからない。筆者も妊娠・出産経験があるが、絶望とは言わないまでも、まず戸惑いが先にあって、喜びという感情は後からついてくるものだった。

 いざ妊娠すればお腹の中の赤ちゃんはどんどん大きくなっていき待ってはくれない。場合によっては仕事や住まいの変更を余儀なくされるかもしれない。お笑い芸人であるロリィタ族。は、いわば自営業であり、出産・育児で休業している間に仕事がなくなってしまうかも、という不安もあるだろう。まだテレビで売れっ子になっているわけでもない以上、子供か出世かの二択を否応なしに迫られる業界でもある。望んでいた妊娠だったとしても、妊娠判明直後にすぐさま状況を受け入れ覚悟を決めるのは、難しかったのではないか。

 いわゆる“望まない妊娠”以外の妊娠であれば誰もかれもがこの上なく喜ぶ……とは限らないということは、もっと社会に周知されてもいいのではないか、と思う。人間はそんなに単純で器用ではないのだ。

 さて、妊娠直後は喜べずにいたロリィタ族。だが、夫や周囲の人たちは妊娠を喜んでくれ、自分自身も<検診に行く度大きくなる赤ちゃんを見ていると喜びも大きくなっていき><徐々に不安が消えて喜びが生まれ>たといい、現在は<お腹の赤ちゃんと共に私の気持ちも成長してゆく。といいなぁ>と前向きな気持ちでいるようだ。出産予定は秋。赤ちゃんが無事に生まれることを祈るばかりだ。

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 (講談社+α新書)