エンタメ

名倉潤と渡辺満里奈がナンバーワンおしどり夫婦である理由 結婚13年もフラリーマンとは無縁

【この記事のキーワード】
名倉潤と渡辺満里奈がナンバーワンおしどり夫婦である理由 結婚13年もフラリーマンとは無縁の画像1

名倉潤Instagramより

 芸能界に数多く存在する「芸能人同士の夫婦」。不仲や離婚の危機が囁かれる夫婦も少なくないが、その手の報道とは無縁なのがネプチューンの名倉潤(49)・渡辺満里奈(47)夫妻だ。芸能人はしばしば「おしどり夫婦」「仮面夫婦」「恐妻家夫婦」「亭主関白夫婦」などとレッテル貼りにより区別されるが、名倉と渡辺は文句ナシに「おしどり夫婦」のトップに君臨する仲睦まじさといって過言でない。

 先日55日に13回目の結婚記念日を迎えた名倉潤と渡辺満里奈夫妻は、それぞれのInstagramアカウントにて、結婚記念日ディナーでの夫婦2ショットを公開。名倉が公開した写真は長男が、渡辺が公開した写真は長女が撮影したとのことで、家族4人での楽しいひと時を過ごしたようだ。コメント欄には、祝福の声や、夫婦のありかたを賞賛する声が相次いでいる。

 バラエティ番組での共演がきっかけで知り合った名倉・渡辺夫妻は、結婚を前提とした9カ月の交際期間を経て2005年に入籍。2007年に長男が、2010年に長女が誕生。名倉は愛妻家および子煩悩で知られるようになり、おニャン子クラブ出身の渡辺はバラエティタレントとしてだけでなくオーガニック・ホメオパシー・手芸などを好むナチュラル系ママとして活動の場を広げてもいる。

 お笑いタレントの夫と元アイドルの妻という組み合わせはそれほど珍しくもないが、彼らは極めて良好な夫婦仲をトークバラエティ番組で惜しげもなく公開してきた。たとえば昨年11月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で渡辺が語った夫婦のエピソードからもその相思相愛ぶりが伝わる。渡辺いわく、名倉は結婚前に「オレはガラス張りだから」「いつどこで何しているかわからない時間は一切作らない」「怪しいとか、不安だとか思わせない」と宣言し、実際こまめな連絡を怠らず、収録が終わればすぐに帰ってくる。また芸能人の不倫報道を見て、自分たち夫婦のどちらかが浮気をしたらどうするか、という話題になった時も名倉は、「(渡辺が浮気したとしても)何をしても離婚絶対しない!」と言っていたとも語り、ラブラブな様子だった。

 実際に名倉は、番組収録の仕事を終えればすぐさま帰宅するそうだ。レギュラー出演している『しゃべくり007』(日本テレビ系)では何度か、名倉が収録終了後何分で帰り支度を済ませてエレベーターに乗るかをドッキリ計測。名倉は家族に早く会いたいという理由で、光の速さで去っていった。巷で話題の“フラリーマン”とは真逆である。

 また渡辺は、昨年12月放送の『にじいろジーン』(フジテレビ系)出演時、名倉が子供たちの教育に熱心なこと、芸能人という立場から“危機管理の鬼”であることを明かしている。名倉は子供たちに対して、家のセキュリティ、交通ルール、さらには個人情報流出の危険性について徹底的に教え込んでおり、「絶対写真とか撮られちゃダメ、テレビに出たら怖いことになるかもしれないよ」と刷り込み、その結果、長男は「僕は絶対テレビに出たくない」と言うようになったという。確かにあっという間にインターネットで情報が拡散してしまう世の中、芸能活動をする親が子供たちに危機管理を教え込むことは懸命だ。流出してからでは手遅れなのだから。

 だがいささか気になるのは“危機管理の鬼”の名倉が、FacebookおよびInstagram上で頻繁に子供の写真を公開していることだ。ピアノの発表会、野球の練習、野球観戦、運動会、散歩……。後ろ姿だったり、顔はわからないようにスタンプなどで塗りつぶしてあったり、確かに配慮された写真ばかりではあるが、顔さえ隠せば危なくないわけではないだろう。子どもの通う教室やチームがHP上で発表会や試合の日程を掲載しているとか、他の親子がSNS上にアップした写真と背景が一致しているといったモザイクアプローチで、個人を特定されてしまうリスクは残ってしまう。危機管理を徹底したいのであれば、子供に関連した写真や文章を一切載せないこと、しかない。今のところ“炎上”とも無縁である名倉・渡辺夫妻、危機管理の鬼として、SNSの使い方についてはくれぐれも気をつけてほしいものだ。

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

満里奈の旅ぶくれ―たわわ台湾 (新潮文庫)