エンタメ

脇坂英理子が釈放後初めてのテレビ出演。診療報酬の不正受給で逮捕された後、タレント女医は何をしていたのか?

【この記事のキーワード】
脇坂英理子が釈放後初めてのテレビ出演。診療報酬の不正受給で逮捕された後、タレント女医は何をしていたのか?の画像1

脇坂英理子Instagramより

 17日放送『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ)に元タレント女医の脇坂英理子(39)が出演する。脇坂英理子は20163月に診療報酬をだまし取っていた詐欺の疑いで逮捕。自身が経営するクリニックにて、一度しか受診していない患者を別の日にも受診したとするなど虚偽の内容で診療報酬を水増し請求、約155万円を不正受給した容疑がかけられた。20167月、東京地方裁判所は彼女に対し懲役3年執行猶予4年の有罪判決をくだす。また、同年9月には3年の医業停止を命じる行政処分も出された。今回の『直撃!シンソウ坂上』の出演は逮捕以降、初めてのテレビ出演となる。

 脇坂英理子は逮捕されるまで、派手なギャル風メイクで露出の多い衣装に身を包み、セクシー女医としてテレビ番組に出演。「年収5000万円ながらいっさい貯金はしない」「ホストクラブに通って一晩で900万円を使った」「これまでに数百人の男と寝た」といったネタを披露していたが、以後はどんな生活を送っていたのだろうか。

 彼女は釈放後ほどなくしてツイッターやインスタグラムなどのSNSを再開した。それらには、逮捕前となんら変わらないメイクと服に身を包んでいる姿を多数投稿。記念日などには馴染みのホストクラブに顔を出したりと、変わらずに華やかな生活を送っている様子が見て取れる。

 先に書いた通り、脇坂は3年間医業をすることができない。そこで現在は医療や美容系のライターとして活動している。ニュースサイト「サイゾーウーマン」が昨夏に掲載したインタビューによれば、もうテレビ出演はこりごり、とのことだった。

 また、騒動を起こした女性タレントにはつきものの、あのオファーもあったようだ。彼女はこのように話している。

<拘置所から戻って最初に来た依頼はAVでした。目ざといですよね。でも、私は3年後に医師として復帰するので、当然断りました>

 そのうえで彼女は、現在の仕事や更正について<今回のことで家族や身近な人たちに迷惑をかけたので、恩返しするとしたら、まずは自分が立ち直った姿を見せることだろうと思ったんですね。それでライターを始めて、SNSを再開したら、励ましの声を多くいただいたので、一歩踏み出してよかったなって>と話している。

 『直撃!シンソウ坂上』の番組予告では、不正受給の犯罪に関して共謀者に「騙された」と語る脇坂に、坂上忍(50)が「あんたムチャクチャなんだよ。やってることが」「その年齢での間違いはキツいよ」と激怒する姿がおさめられている。

 前出「サイゾーウーマン」のインタビューでも脇坂は<完全にハメられました><信頼していた人に騙され、裏切られたどころか人生をぶち壊された>と事件について説明していた。充実した日々を送っている様子で、いまさらこうしたテレビに出る理由もなさそうなものだが、なぜ、わざわざ叩かれに出向くのか。インタビューで語られている言葉とは裏腹に、実はまだテレビタレントとしての仕事に未練があるのか。いずれにせよ、出るからには、自らの犯した罪に対して真摯な反省の弁が聞きたい。

(倉野尾 実)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

日本でいちばんわかる 新・医療政策のしくみ -2018年度診療報酬改定編-