連載

各国データで見る「赤ちゃんはママがいいに決まっている」は本当か?

【この記事のキーワード】

各国データで見る「赤ちゃんはママがいいに決まっている」は本当か?の画像1

 自民党の萩生田光一幹事長代行が「赤ちゃんはママがいいに決まっている」と発言したことが話題になっています。発言の一部分だけ取り上げて騒ぐのは良くないので、朝日新聞に掲載された発言の要旨を追ってみましょう。

①東京では0歳の赤ちゃんの保育園が足りないことが問題となっている。しかし、赤ちゃんが生後3-4カ月で赤の他人に預けられるのは幸せなことではなく、0歳から保育園に行かなくても、12歳からでも保育園に入れる仕組みが必要だ
②仕事や家計の心配なく1年休める環境と、育児休暇後に不当な扱いを受けない環境整備が重要
③赤ちゃんにパパとママどちらが好きか聞いたら、統計はないが、ママに決まっている。だから、0歳からパパも育児だというのは子供にとって迷惑な話かもしれない

 要旨を見ると分かるように、部分部分で重要な点がカバーされています。育児休暇後に不当な扱いを受けないような労働環境の整備が必要という点や、途中からでも子供が保育園に入れる仕組みづくりという点は、おそらくほとんどの人が同意するのではないでしょうか。

 しかし見過ごしてはならない点もいくつか含まれています。第一は「0歳からパパも育児というのは子供にとって迷惑な話かもしれない」という点。第二は「赤ちゃんが生後3-4カ月で赤の他人に預けられるのは幸せなことではない」という点です。これらは、上で述べた重要な施策の根拠となると共に、0歳の赤ちゃんの待機児童問題の根拠としても言及されています。

 しかし、この二つの点は本当なのでしょうか? さすがに0歳の赤ちゃんに「あなたは他人に預けられたり、パパに育てられたりするのは不幸ですか?」とインタビューするわけにはいきません。そこで今回は、赤ちゃんが0歳から預けられた場合や、0歳からパパが育児した場合の、子供の教育成果への影響を見ていきたいと思います。これらが子供の教育成果に負の影響を及ぼすのであれば、子供にとって不幸ということが出来るのかもしれません。しかし、そうでなければ様々な施策を考慮する上での根拠とするハードルは高くなるでしょう。

パパの育児は子供にとって迷惑なのか?

 パパの育児は子供にとって迷惑なのかを検証するのは技術的に難しい所があります。分析が難しい理由を説明するとなると、かなり技術的な話になるので省略しますが、こうした難しさを乗り越えた研究がノルウェーにあります。

 ノルウェーは1992年と1993年に相次いで育児休暇の改革が行われています。ノルウェーでは、49週ある有給の育児休暇の週数を、父親と母親でシェアするシステムがとられていました。しかし、ほとんどの家庭で父親は1週も育児休暇を取ることがなく、49週全てを母親が使うという状況でした。

 そこでノルウェー政府は1993年に、こうした現況を変えるため、有給で取得できる育児休暇の長さを延長すると共に、育児休暇のうち4週間は父親が取らなければ、父親と母親が合計で取得できる育児休暇の週数から4週間を差し引くという改革を行いました。この結果、改革直前(19933月生まれの子供)に、わずか2.6%だった父親の育児休暇の取得率が、改革直後(19934月生まれの子供)には24.6%に跳ね上がったのです。

 すなわち、ここで「0歳からパパも育児」という状況が増えたわけです。ではパパに育てられることは子供にとって迷惑だったのでしょうか? この改革によって父親が育児参加するようになったことが子供の教育成果に与えた効果を分析したのが冒頭で言及した研究です。

 それによると、特に母親よりも父親の学歴が高い家庭を中心に、中学校の最後に実施されるテストの結果が向上していました。つまり「0歳からパパも育児」が子どもにとって迷惑なのかどうかは分かりませんが、少なくとも子供の教育成果に関して言えばマイナスの影響はなく、むしろ環境によっては子供の教育成果が向上するということです。

1 2

畠山勝太

ミシガン州立大学博士課程在籍、専攻は教育政策・教育経済学。ネパールの教育支援をするNPO法人サルタックの理事も務める。2008年に世界銀行へ入行し、人的資本分野のデータ整備とジェンダー制度政策分析に従事。2011年に国連児童基金へ転職、ジンバブエ事務所・本部(NY)・マラウイ事務所で勤務し、教育政策・計画・調査・統計分野の支援に携わった。東京大学教育学部・神戸大学国際協力研究科(経済学修士)卒、1985年岐阜県生まれ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

保育園問題 - 待機児童、保育士不足、建設反対運動 (中公新書 2429)