連載

いまなぜ「レズ風俗」が注目されているのか? 女性の性の悩みと、女性同士の性

【この記事のキーワード】
urasawa21a

Thinstock/Photo by Stockbyte

 私がレズ風俗というサービスを知ったきっかけは、Twitterで話題になっていた永田カビさんの『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』というエッセイ漫画でした。女性向けの風俗店で、かつ女性が接客するスタイルがあることには違和感をまったく感じませんでしたが、明確に「レズ風俗」という特定の風俗店があるとそれまでは知りませんでした。

 そこで興味を持ち、当時イラストコミュニケーションサービス・サイトに公開されている同作を見たのですが、「レズ風俗体験レポ」と聞いてイメージされる「エロくて気持ちよくて楽しい」とは、まったく違う内容でした。レズ風俗に行ったことで著者が感じていたさみしさの正体が洗い出されていく様が描かれていて、衝撃を受けました。その後、イースト・プレスで書籍化されたものを改めて読みました。

 作中で、セックスというのは高度なコミュニケーションなんだと、著者が気づくシーンがあります。自分のなんともいえないさみしさは、セックスしたら解決するわけではない、と気づくのです。セックスや性に対する考え方も価値観も人それぞれですが、セックスは少なくとも物理的に人と最も近い距離になる行為であり、性は誰もが持っているものです。意識しているか否かは別として、コミュニケーションや自分の価値観などから切り離すことはできないでしょう。性的関心を持つことへのハードルが親との関係に結びついていることも描かれています。

▼参考:
女性の受動的なセックスの背景には「家族の期待に応えたい私」がある『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』

私がレズ風俗に行ってみたいワケ

 その本がきっかけになり、カビさんが行った風俗店、大阪の「レズっ娘クラブ」を経営する御坊さんによる『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない』WAVE出版)が発売されました。

 タイトルのイメージよりも起業物語としての側面が強いと感じましたが、実際の現場で働く女性たちやお客さんについて描かれている貴重な本でした。その経験からつけられたタイトルもかなり攻めたものですが、私自身は共感できるものがありました。

 率直にいうと、私は金銭的な余裕があって、かつ行きたいと思うタイミングがあればレズ風俗に行ってみたいと思っています。

 一番の理由は、「女性に触れてみたい」から、そして「女性と性的なことをすることに抵抗があるか試したい」からです。お金を払っていて、かつセックスを前提とした関係ならば、少なくとも性行為ができる・できないで相手を傷つける可能性が少ないからです。

 私は一応、自分のセクシャリティを「ヘテロセクシュアル(異性愛)」「シスジェンダー(生まれたときに診断された身体的性別と自分の性自認が一致している)」だと自認しています。いわゆるマジョリティの層でしょう。しかしそういっているのは、いままで女性に告白したことがなく、またおつき合いをしたことも性的な関係を持ったこともないからです。しかしその定義に納得しているわけではなく、自分のセクシャリティがわからない「クエスチョニング」ともいえます。

 私は昔から「自分は女性も好きなのでは?」と思ったことがたくさんあります。同級生がかっこいい男性の先輩に夢中だった高校時代、私が憧れていたのはかわいい女性の先輩でした。気に入った女の子がいかにかわいいか、素敵かを、恋人に引かれるほど話しつづけることもあります。男性の身体より女性の裸のほうが好きだったり、好みのタイプの女性と自分がなりたいと憧れるタイプの女性とが明確に違ったりします。

1 2 3

卜沢彩子

1987年生まれ。子どもの頃からの度重なる性被害経験を、2009年から実名・顔出しでサバイバーとして発信。個人やNPOで支援・啓蒙活動をつづけている。2016年に複雑化した社会問題を解決するためにA-live connectを開業。恋愛・性をはじめとした人間関係やコミュニケーションに関する相談や講演活動、記事執筆、SEX and the LIVE!!プロジェクトの運営など場作りを行っている。英才教育を受けたオタク。和柄とねこが好き。

twitter:@ayakourasawa

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)