エンタメ

V6三宅健は奇跡の39歳!! 10代デビュー時と変わらぬ不老不死っぷりでアラフォー突入

【この記事のキーワード】
「ザテレビジョンZoom!! vol.33」

「ザテレビジョンZoom!! vol.33」

 V6・三宅健が72日に39歳の誕生日を迎えた。三宅健といえば、近年はそのビジュアルが「奇跡」として話題になってきたスーパーアイドル。他のV6メンバーたちは年齢を重ねるとともに渋さも増し(森田剛然り、岡田准一然り)、結婚もするなど私生活でも大きな変化があった。けれど三宅健は、V6としてデビューした10代後半の頃から、つまりかれこれ20年以上、ビジュアルにほとんど変化が見られないことから、“不老不死”と讃えられるレベルだ。39歳となった今もなお、10代当時と見紛う美肌に細身の体型を維持しており、中年太りなんてきっと別世界の話だ。

 中学生だった1993年にジャニーズ事務所に入所し、わずか2年後の1995年に16歳でV6メンバーとしてデビューした三宅健。しかも、ごく短期間だったジャニーズJr.時代には、森田剛と共に「剛健コンビ」として凄まじい人気を誇り、19957月(つまりV6結成直前)にはジャニーズJr.単独コンサートで森田剛と共にメインボーカルを担当した。ちなみにジャニーズJr.の単独コンサートが行われたのはこの時が最初だったという。

 20178月に『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に坂本昌行(46)と共に出演した三宅健は、超エリート待遇ともいえるジャニーズ事務所入所の経緯を語り、TOKIOメンバーたちを唸らせていた。

 三宅健いわく、「うちのおばさんが友達のお姉ちゃんにそそのかされて『出たら受かる』みたいな話で、履歴書を出すことになって」、履歴書を送った23日後には社長のジャニー喜多川氏から電話がかかり、SMAPのコンサートに来るよう誘われたという。当日コンサート会場に出向いた三宅健は、中居正広のバラードで周りに佇む少年たちの役で出るようにいわれて出演し、さらにその後、アイドル雑誌「Wink up」(ワニブックス)「POTATO」(学研プラス)の撮影を私服のまま受けたという。三宅健はオーデイションなしでジャニーズ入りを果たし、すぐさまアイドル雑誌に登場したということだ。その時の誌面も紹介されたが、素人とは思えない美少年ぶりだった。これは確かに『出たら受かる』。

 ジャニーズJr.といえば厳しいダンスレッスンが必須だが、三宅健に至ってはジャニー喜多川氏から「YOUはビジュアルで行くから」と言われ、最初はダンスレッスンさえも免除されていたという。さらにV6結成に際しても、当初ジャニー喜多川氏は三宅健を1番にするグループを想定し、予め三宅健に話をしていた。その構想ゆえ当初のグループメンバーには森田剛が含まれていなかったが、森田と仲が良かった三宅健は「(森田)剛がいないんだったらデビューしたくない」と、たとえ自分が1番人気になれなくても森田剛と一緒にやりたいと伝え、そこからV6メンバーをどうするかあらためて決めていったという。まさに、奇跡と称されるルックスに加えて自由奔放な言動でも知られる三宅健らしいエピソードといえる。

 そんな三宅健は、タッキー&翼の滝沢秀明(36)との新ユニット・KEN☆Tackey(ケンタッキー)で、718日にCDデビューする。発売される1stシングルの「逆転ラバーズ」は、KEN☆Tackeyが出演するケンタッキーフライドチキンのCMで使用されている楽曲で、619日からミュージックビデオが公開されているのだが、これがまた美しい。滝沢秀明もまた、三宅健同様に「老けない」と評判で、かつジャニーズきっての美形。「逆転ラバーズ」は、三宅健と滝沢秀明という抜群のルックスを持つ年齢不詳のアイドル2人の美の競演といえる作品だ。30代後半の男性2人組のユニット名がKEN☆Tackeyだなんてびっくりしてしまうが、三宅健と滝沢秀明だったらアリだと納得してしまう。

 三宅健と滝沢秀明というと、何だか意外な組み合わせのようにも感じるが、滝沢秀明が2学年上の三宅健にオファーするかたちで、2人は舞台「滝沢歌舞伎」で2016年から3年連続で共演している。滝沢秀明が主演と演出を務める「滝沢歌舞伎」は、2006年より毎年春に公演されており、先日13年目となる「滝沢歌舞伎2018」の千秋楽を終えたばかりだ。初参加した2016年公演で三宅健は、上演中に骨折するというアクシデントにも見舞われたが、病院で検査と処置を受け、当日夜の公演には復帰したという。

 三宅健は自らもアイドルという立場にいながら「テレビに出ている人なんて大体虚像」と言ってのけるなど、率直な振る舞いも魅力のひとつ。時間にルーズで目上の相手にも敬語を使わないこともあるそうだが、一方で仕事に対しては努力家でプロ意識も高いとされている。2005年にV6の握手会を行った時に聴覚障害を持つ女性との交流がきっかけで手話を習い出した三宅は、2014年より「NHKみんなの手話」のナビゲーターを務め、2016リオパラリンピックと2018平昌オリンピックではNHKメインパーソナリティーを務めた。三宅の影響を受けたのか、森田剛も手話を習得したそうである。

 今秋には、5年ぶりとなる主演舞台「二十日鼠と人間」の公演が決定。30代最後の歳を迎えた三宅健の活躍に注目だ。

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

【早期購入特典あり】逆転ラバーズ(初回盤A+B+通常盤)【同時予約購入特典:「VRコンテンツ」&ポストカード3種(絵柄A,B,C)付】