社会

伊藤詩織氏のドキュメンタリーでBBC が映し出したのは、性暴力を軽視しすぎる日本社会の現状

【この記事のキーワード】
BBC Two『Japan's Secret Shame』番組HPより

BBC Two『Japan’s Secret Shame』番組HPより

 628日、BBCの英国向けテレビチャンネルBBC Twoにて、ジャーナリスト・山口敬之氏からの準強姦被害を訴えている伊藤詩織氏を取り上げたドキュメンタリーが放送された。直訳すると「日本の秘められた恥」と題されたこのドキュメンタリーは、日本のテレビメディアではほとんど報道されないこの問題について、多角的な視点から取り上げていた。

 この事件では、山口敬之氏に対して逮捕状が出ており、成田空港で警察が山口氏の帰国を待ち構えていたが、直前になって上層部から逮捕の取りやめが指示されたとされている。番組では、山口氏が安倍首相の自伝本を書くなど、首相に近しい人物であったことを紹介したうえで、突然の逮捕取りやめにこの関係性が影響を与えている可能性を示唆していた。

 また、『Japan’s Secret Shame』では、日本において性暴力の被害者への理解や支援が行き届いていない現状も問題視。番組内で伊藤氏は、都内唯一の性暴力被害者の支援センターを訪問するが、そこでは人員不足のため担当者が2名しかおらず(かつては1人体制の時もあったと証言される)、また、暴行直後に法医学的証拠を残すためのレイプキットもその施設にはなく、特定の病院に行かなくてはならないといった状況も説明された。

 支援だけでなく、捜査の面でも、日本は性暴力対策への遅れが目立つ。伊藤氏は、警察に被害を訴えた際、34人の男性捜査員の目の前で等身大の人形を相手に性行為の再現をさせられ、さらに、それを写真に撮られるといった体験をしたとも番組で語っている。

 これらの話の一部は、伊藤氏の著書『Black Box』(文藝春秋)でも訴えられていたことでもある。

 日本において、性暴力被害者に対するケアがどれだけ貧しい状況にあるか『Japan’s Secret Shame』では克明に紹介された。なるべく早急に被害者の目線に立った支援や捜査のシステムを整え、被害に遭った人たちが声を出しやすい環境を整えていく必要性があるが、日本社会においてそのような状況がつくりにくいのにはもうひとつ要因があるようだ。被害者に対するセカンドレイプである。

 番組では伊藤氏に向かってインターネットを通して<ビッチ><あちこち寝てまわって欲しいものを手に入れてる女><売春婦に決まってる>といった罵詈雑言が浴びせられ、家族の写真まで拡散されているという二次被害も紹介している。さらに唖然とさせられるのが、山口氏を擁護する立場として『Japan’s Secret Shame』のインタビューに応えている自由民主党・杉田水脈衆議院議員の言葉だ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

Black Box