エンタメ

芦田愛菜&鈴木福が“マルモリ”から7年、立派に成長‼︎

【この記事のキーワード】
鈴木福 オフィシャルブログより

鈴木福 オフィシャルブログより

 7月7日放送の『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』(日本テレビ系)に、芦田愛菜(14)と鈴木福(14)が登場。2011年にブレイクした「マル・マル・モリ・モリ!」を披露するとの情報もあるが、現在2人はどのような日々を送っているのだろうか。

 中学受験を経て名門・慶應義塾中等部に進学した芦田愛菜は、充実した学校生活を送りながら芸能活動を継続。7月13日公開の『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』で声優に挑戦している。“ラルゴ”という女の子のキャラクターを演じ、同映画の公式サイトでは、「意思が強いけど、天真爛漫で優しいラルゴを演じることで、皆さまにも何か守りたいものがあるから頑張れる、強くなれるということが伝わればいいなと思っています」とコメント。相変わらず大人びた発言で、さすがは“芦田プロ”といったところ。

 また同映画のPRで、彼女は様々なイベントに参加している。6月22日の公開アフレコでは「今は学校がすごく楽しくて、お友だちと他愛のないくだらない話をしているだけで笑いが絶えなくて、一緒にいるだけで楽しい」「そういうお友だちとの思い出をもっとたくさん作っていける1年になればいいな」と、中学校での生活について言及。これに共演者の中川翔子(33)は、「自分のことを思い返すと、呪いのノートに絵を描いて燃やしたり、穴を掘ったり、1人で何かをしていたので眩しい」と羨んでいた。芦田愛菜ちゃんは“リア充”のようだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「マルモのおきて」 DVD-BOX