連載

加藤綾子の唇がどんどんドス黒くなってゆく。「血色」の重要性

【この記事のキーワード】

 ひとつはカントリー&ストリーム ラップパックシート 。唇にワセリンだったりハチミツだったりを塗って、サランラップでパックすると翌朝にはプルプル……という話は昔からよく聞きますが、ラップを適切なサイズに切る作業がまず面倒くさくて続きませんでした。しかしドラッグストアで出会ったこの商品は、最初から唇サイズにカットされているので非常に便利で使いやすいです。唇専用のシートパックも売られていますが、あれはちょっとコスパが悪いな~と思っている方にオススメしたい商品でございます。


カントリー&ストリーム ラップパックシート

 もうひとつは【赤リップ】。今年は色つきのリップクリームも例年以上に豊作で、DHCやメイベリンからも様々な色が出ていますが、「色つきリップ程度じゃほんのり色づかないんだよ!」という濃いめの紫系唇さんにはがっつりレッド!! な色味の赤い口紅をお勧めします。マットタイプだと落ちづらくて尚よし。私はケースも可愛い【ポール&ジョー】リップスティック #304 ルージュを直塗りしているのですが、朝の化粧の仕上げにこれを塗っておくと、夕方まで塗り直さなくてもなんとなく唇が「ほんのり色付いてる」状態が続きます。その間、水も飲むし昼食も食べるし喫煙もしますが、完全に落ち切ってドドメ色復活、とはなりません。この口紅を塗るようになってから人生が少しだけ明るくなった気さえしています……。

※ポール&ジョーボーテ公式サイトより

※ポール&ジョーボーテ公式サイトより

 というわけで、初回は「唇」美容のお話でした。

■下戸山うさこ /しがないmessy編集長です。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。