連載

矢口真里のマリオネットライン(=口元ジワ)が気になって仕方ない。

【この記事のキーワード】

SK-II(エスケーツー) ステムパワー 80g

 さておき、気分がノッた時に、美容液やクリームによる「きちんとケア」をするようにして2カ月。劇的な効果が肌に表れているとは思いませんが、気持ちの面では変化がありました。肌にいろいろなものをヌリヌリしていると、なんとなくイイ気持ちになるんです。性的な快感を伴うという意味ではなくて、「あ~、なんかこれ、偉いかも」と思えるんですよね。もとがズボラなだけに、「ちゃんとしてる感」のある行為によって、大袈裟かもしれませんが自尊心が少しだけ高まる気がします。よく言うところの「自分を大切に☆」してる感じですかね。

 効果だけを追い求めてがむしゃらにやってるワケでないので、切迫感がないのもいいのだと思います。とにかく自分が気持ちいいな~好きだな~と思えるものだけを使って、自分が気持ちいいな~好きだな~と思えるやり方で肌に触るだけです。

 前回の最後にも書きましたが、今いちばん好きで愛用しているスキンケアコスメはTHREEのものです。最初に1本オイルを買い(THREE コンセントレート トリートメント オイル)、化粧品ぽくない香りが気に入って、スクラブ洗顔料(THREE ジェントル ナリッシング スクラブ)、シャンプー(THREE スキャルプ&ヘア シャンプー AC)、リップバーム(THREE ナリッシング リップバーム SQ)、ハンドクリーム(THREE ハンド&アーム クリーム AC)まで次々に購入しました。なんていい客なんでしょう。財布の中身はすっからかんになりましたが、無駄にドラッグストアに寄るのを一カ月我慢すればまあ良い。

 売り場ではサッパリ系の美人BA(ビューティアドバイザー)さんが、「子宮の~」「ホルモンバランスが~」「オーガニックにこだわって~」とかいろいろ話してくれたんですが、そんなことはどうでもいい。ごめんなさい、子宮とかホルモンバランスとかはどうでもいいんじゃ。「効果」じゃなくて、その匂いやテクスチャーが好きで買ってるので、むしろ萎えるような話をしないでくれ、と思いました。本当にすみません。香水と同じ。それを塗ってる時に気持ちいいと思うかどうかっていうことしか重要じゃない。だって効果わかんないもん。

 どうしてここの匂いが好きなのかというと、一言でざっくり言えば「アロマオイルっぽい」からです。実際、精油やボタニカルウォーター(植物の水……?)が含まれています。デパートの1Fに配置される化粧品売り場の匂いが好きだという男性は多くはないようですが、女性だってあの香料がぶわっと咲き乱れる空間に苦手意識を持っている人はいるでしょう。私も最近、ちょっとキツい匂いにげんなりしているところでした。いかにも「オンナです!!」という感じ? 大人気・クロエの香水も同様の理由で苦手です。そんなわけで、自分が「好きだなー」と思う匂いに出会ったらそれはチャンス、ここぞとばかりに一気に買い揃えてしまったのです。

 それはそうと最近、初対面の年下女性に対して「20代らしいのに、こいつ、肌の衰えやべえな」と思って、引きました。ファンデ浮きすぎだろうとか、頬の毛穴がでっかいね、とか、対面していたおよそ5分程度の間にそんなことばかり頭の中をぐるぐるしていました。同時に、(やっぱり気分が乗った時だけじゃなくて、毎日スキンケアちゃんとやろう)と自らを戒める5分間でした。服装や髪型が幼くかつフェミニンなぶん、肌が老けていると「若作りおばさん」臭を放ってしまうんですよね。次回はローションパックを本気で2カ月間実践してみたお話です。

■下戸山うさこ/ 好きな色は紺とグレー。嫌いな色はピンクと緑です。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。