「育児に熱心な男は出世しない」発言の大炎上に見る男性の本音

【この記事のキーワード】

なんでも「家族事」でまとめない

 これは育児についてだけではない。もうひとつ、「高齢者介護」という難題にも共通することだ。弘兼氏のような主張を持つ団塊世代も、やがて介護が必要になる日が来るかもしれない。そのとき、「アテにしていた」妻に先立たれていたら。あるいは、妻の介護を自分がすることになったら。施設に入居したくなかったら。働き盛りの年代になっている娘や息子に介護を依頼する可能性は高いのだが、そうすると「仕事と介護の両立」という問題が発生するのである。現時点でも、認知症を患った老親の介護に追われて仕事を辞めざるを得なくなり貧困に陥った30~40代の話を見聞きすることはある。数年後にはこれがごく一部の人の話ではなく、社会全体で頻発するかもしれない。そのとき弘兼氏はどんな持論を展開するのだろうか。まさか育児参加する男性は否定しながら、自分たち世代の介護はお願いします、とは言えないのではないだろうか。

 また、働く既婚女性で、子育てがひと段落したと思ったら今度は夫の老親が倒れ、介護を一任されて参っているという話も聞く。夫は「仕事で忙しい」の一点張り。彼女は「育児と仕事の両立」をこなし、さらに「介護と仕事の両立」を迫られている。

 介護も育児も、家庭内ですべて解決すべき問題ではなく、社会で支援していくものだと考えられれば、個々人にかかる負担は軽減される。いずれにしても、これから先の時代は、社会全体で働き方を変える必要があるはずだ。正直、会社に顔を毎日出さなくても仕事ができる職種の人も、今は少なくないのではないだろうか? インターネットが普及し、安価なソフトウェアやアプリを使ってコミュニケーションが取れる時代なのだから、たいていの報告や連絡ごとは会社に行かなくてもできたりしてしまう。資料作りも企画会議も、毎晩深夜まで残業する理由にならない。都心においては、郊外の自宅から毎日1時間以上も通勤時間にかけて出社するサラリーマンも多い。長時間労働をやりぬかなければ、責任ある業務を任されないような企業はいずれ淘汰されていくのではないだろうか。
(ブログウォッチャー京子)

1 2 3

「「育児に熱心な男は出世しない」発言の大炎上に見る男性の本音」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。