社会

男性中心の労働慣行をどう考える? 男女共同参画基本計画素案が発表される

【この記事のキーワード】

 すでに散々批判されていますが、この資料を見る限りにおいても政府の姿勢は、どうもバリバリに働ける女性(=輝く女性)しか考慮していない。言うまでもありませんが、すべての女性が「輝きたい」と考えているわけではありません。そうではなく、長く問題とされているのは、女性が「普通に働く」という選択肢がほとんどない現状のはずです。

 日本では、いわゆる総合職の社員は、長時間勤務で、全国各地の転勤する可能性があり、部署異動のある働き方だといわれてました。こうした際限のない労働慣行の代わりに、彼らは年功序列を基本とした、高い賃金を得ることができたのです。しかしこのような働き方を夫婦ともに行うことは難しいでしょう。なぜならこの働き方は、仕事以外の全ての面を労働者のパートナー(あるいは母親などの家族)が補ってくれることを前提に行われているからです。もしどちらも残業の多い職種であれば、家庭のことはままならなくなります。あるいは一方が転職することになれば、別居か、もう一方が離職する必要が出てくる。無理のある働き方です。

 もし総合職の共働きの夫婦が子供を欲しいと思っていても、これまでの労働慣行に従った共働きでは、子供を持つことはほぼ不可能でしょう。特に人口も企業も集中する都市部では、待機児童問題が解消されない中で、共働きの夫婦が育児を行える状況にはない。つまり子供が欲しければ、どちらか一方が仕事を辞めざるをえない。そしてそれは、これまでの経緯を考えれば、女性が仕事を辞める可能性が非常に高いのが現状です。結局、子供を諦めるか、「男性が仕事、女性が家庭」のどちらかになってしまいます。

 本素案が「男性中心型労働慣行の変革」の必要性を訴えているのは、これまでのやり方にようやく政府も限界を感じているのかもしれません。

まずは素案をチェック!

 ここまで見る限り、私は概ね「男性中心型労働慣行の変革」に対して好意的な印象を覚えています。

 ただし、掲げられている理念は立派でも、方法がまったく的外れということは度々あります。具体的にどのような取組が行われるかが重要なのです。だからこそ今のうちに素案を確認し、方向性や具体的な方法をチェックすることが重要だと思います。「輝く女性」とか言ってしまう現政権ですから、細かく見ておいて損はない。場合によっては、パブリックコメントに投稿してもよいと思います。

 今回とりあげた「男性中心型労働慣行等の変革」、資料の前半にかなりの分量が割かれています。具体的な方法は7ページ以降にあるので、ぜひチェックしてください。また男女共同参画社会基本計画は「働き方」のみならず、女性に対する暴力や、貧困、高齢、障害など様々なテーマが含まれています。政府資料にしては読みやすい(けど長い)ので、関心のあるテーマだけでも確認することをオススメします。
(門田ゲッツ)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。