日本は発展途上国ではないか。「子どもを5,000円で育てられますか?」児童扶養手当増額キャンペーン

【この記事のキーワード】

子育て支援は、国が創出すべき未来の予算

駒崎 ありがとうございます。最後にNPO法人ファザーリングジャパン代表で、社会的養護の活動をしているタイガーマスク基金の代表も務められている安藤哲也さんにお願いします。

安藤 NPO法人タイガーマスク基金代表の安藤です。私は児童養護施設に暮らす子どもたちの進学支援を基金で行っています。

日本の児童養護施設は全国で約600あり、4万6000人の子どもが暮らしています。児童養護施設の職員の方とお話をしていると、施設に保護される子どもの中にはひとり親家庭の率が高いんですね。すべてではありませんが、経済的な貧困やそれに伴うメンタルな問題などにより、子のネグレクトや虐待が起きてしまい、保護されるというケースが少なくないようです。

何が言いたいのかと言うと、社会的養護の国家予算を見ると昨年度は1031億円、今年は1073億円と、年々増えてきています。これをどう見るかです。 児童扶養手当が加算されることによって願わくは、ひとり親家庭の育児環境が安定し、施設に頼らないといけない子どもが減るのではないかということです。それは児童相談所の仕事が減り、ひいては社会的養護にかかる予算を抑制することに繋がるのではないかと。つまりどちらへの投資が、長期的にみて予算効果があるのかを考えて欲しい、という問題提起です。

また同じく代表を務めるファザーリングジャパンでは、シングルファザーの支援もしています。こちらのデータでは、シングルマザーに比べてシングルファザーの年収は高く380万円ほどになっていますが、これは同居している家族のサポートがありフルタイムで働けるからこその年収です。シングルファザーの中には、祖父母が同居していない、つまり父子だけで孤立して暮らす方もいて、シングルマザーと同じくらいの水準で生活に困っている方も多いのが実情です。なのでこの数字だけ見て、シングルファザーは支援しなくてもいい、というわけではないことも同時にお伝えしたいと思います。

オンライン署名はこちら

駒崎 皆さん、ありがとうございました。オンライン署名は、いつでも誰でも行うことが可能です。本キャンペーンの主旨に同意いただける方はぜひ署名をしていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

キャンペーン「子どもを5,000円で育てられますか?貧困で苦しむひとり親の低すぎる給付を増額してください!」

(取材/カネコアキラ)

1 2 3 4

「日本は発展途上国ではないか。「子どもを5,000円で育てられますか?」児童扶養手当増額キャンペーン」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。