ハイスペ男にとって「妻との行為は気持ち悪い」? 悪びれないVERYの「妻だけED」男たちアゲイン

【この記事のキーワード】

 参加者4人は、「妻のことは愛している」と言いつつも、「妻とはセックスしたくない」本音を持ち、ほとんど家庭でセックスをしない。「男にとって性欲は本能」であり「発散しないと苦しい」から自分たちは家庭外でセックスをするし妻以外の女性といちゃつくけれども、仮に妻が浮気をしようものなら「即日中に離婚する」と言い切る。そして、妻とセックスしない自分たちだが「妻を全人格的に肯定する夫の深い愛」を持ち合わせていると言い放つ。

「カミさんのことはどの夫も間違いなく、大好きですよ。ムラムラしない、好き」
「(妻にたいしては)全人格的に受け入れている肯定感がある。夫婦は一心同体なのだから、そもそもケアをしなければならない関係というか感覚のほうがむしろ意味がわからない、水臭いと思ってしまう」
「毎日花を買ったり、好きだと言ったり、態度で示したら伝わるのか? という思いもあります」
「言葉や形が必要な時点で粋じゃないという気持ちがどこか、男にはありますからね」

 かといって、妻が夫をケアしないことは「あり得ない」のだ。前回の座談会以降、妻に「他に好きな人ができた」と告げられ離婚に至った男性を、全員が慰める構図は気持ち悪い。その男性は昇進に伴って多忙がピークを極め、「週の半分は家に帰れず、帰ったとしてもシャワーを浴びて着替えて、またすぐ出勤」の毎日が続く中、妻に離婚を切り出されたという。それでもこの男性は「放ったらかしている、という気持ちは毛頭ない。たっぷりの愛は伝わっているはず。妻は自分の仕事を応援してくれているはず」と思っていたそうで、寝耳に水だった。仕事に集中したい、否すべき時期だということに理解の及ばない妻は浅はかな女ということで非難対象になっている。

 しかし。仕事に自分の持てる全時間を注ぐのもその人の生き方だから悪いとは言わないが、結婚しておいてパートナーに一切のケアをせず「俺は仕事で忙しいんだから仕方ないだろ」って、本当に本当に、逆の立場だったらどう思うのあなたは? と投げかけたい。夫が「妻が仕事一辺倒で、家のことを何もしてくれない」と話せば、同情を集めるのはやはり夫で、非難対象が妻なのは変わらないだろう。一方的にケアを求められるハイスペ男性の奥様方よ。「高い収入の一部を生活費として渡されているのだから、妻として当然」なのだろうか。「有能な男の妻になったのだから、ケアし支えるのは妻として当然」なのだろうか。

 思いを言葉にしないし一緒の時間を過ごさないしケアもしない夫からの「全人格的に妻を肯定する愛情」を、一体どうやって妻は実感するのだろう。コミュニケーションをとらないままで、「妻はわかってくれているはず」というハイスペ夫たちの無根拠な自信はどこからくるの?

 男女のすれ違いがどこまでも深刻であることを強く実感したのは、次の発言だ。

「それにしても、世の女性たちはいくつになってもお姫様抱っこ級のケアをしないと満足してくれないものなのでしょうか」

 もう絶望した。この男性陣の考える「ケア」って、お姫様抱っこ級のチヤホヤを与えることだったのか。女性がいつまでもそんなものを最も強く望んでいると信じて疑わず、そしてお姫様抱っこ級のケアをすれば女性が満足すると思い込んでいるとは。おまけに別の男性からは、「例えば高級なペンダントで愛を示すよりも、うどんをふたりですすっているような、どうでもいい日常を共有することのほうが夫婦の愛が深まった証拠とは(妻に)思ってもらえないものなんですかね」という発言。繰り返しになるが彼らは、妻から夫に対する望みが「お姫様のように愛でて、高級ジュエリーや花束や愛の言葉や、金のかかるシチュエーションでのロマンチックなデートを与えてほしい」だと思っているのだ。そこじゃない、妻の求めている「ケア」って絶対にそこじゃないよ。彼らは自らの妻を根本的に、幼稚でバカな女だと見下しているのではないか?

 前述した特集『働くママのマイ・ルール』では、共働き夫婦の妻側から夫へのリクエストが6つ載っている。妻たちは「お姫様抱っこ級のケア」なる扱いを望んでいるわけではなく、日常的な家庭生活を営むうえでの最低限の要求をしているだけだ。

●自分のことは自分でして!それだけでいいから!
●子供が病気になっても休むのは私ばかりで、自分の仕事が軽んじられているように感じる
●子育てへのサポートは満足しているから、もう少し家事全般を手伝ってほしい
●気が向いた時だけ手伝ってくれるけど、気が向かなくてもやってほしい。家事は気分次第でやるものじゃない
●テレビに子守りさせないでほしい
●たまには(子供の)送り迎えもやってもらいたい

 ハイスペ男性陣においては、こうした妻からのリクエストがたとえあっても、「そんなこと言われても俺は仕事が忙しいし」ですべて通してきてしまったのかもしれないし、そうした日常の小言を聞き流して「結婚記念日に高級ディナーとサプライズ花束があれば帳消しでしょ」と思っているのかもしれないが……。

1 2 3

あなたにオススメ

「ハイスペ男にとって「妻との行為は気持ち悪い」? 悪びれないVERYの「妻だけED」男たちアゲイン」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。