待機児童問題、批判的な議論「育児で輝けば」「夫の三歳児神話」「なぜ0歳で入園?」

【この記事のキーワード】

<トピ主に同意>

「文句があるなら、政治家にでもなれば良いですよ。言葉遣いの悪い人は、子供をきちんと育てられるのか? とも思いましたし」

「保育施設等が不足している、制度的な改正が必要ということはありますが、最近の『産んでやっているのだから、金よこせ』と言わんばかりの主張はおかしいと思います」

「個人的には見切り発車で子供を作っておいて無計画な自分はどうなの?と感じました。あまりおおっぴらに言えないですけどね、この本音は」

「限られた税金の中で、介護の問題、復興支援、時間のかかる問題は山積みなのに、自分が困ったからって暴言を吐くなんて。都会は保育園が少ないのは最初からわかりきった事なのに、子供が出来てから大騒ぎ。一億総活躍って言うなら、活躍出来るようにしろよって? 普段は政府の言うなりになろうなんて思ってないくせに、自分の都合がいい時だけ『はい。活躍します』ってか?」

「活躍と言うのを、社会に出て働いて、それを他人が認めてくれる、認められたい、と解釈しているので、それが出来ないと『日本死ね』という思いになるのでしょうね。お子さんのために活躍するママでも、十分はつらつとしているし、活躍してると思うのですが」

「解決してほしい問題なんて、世界中どこの国でも山積みでしょう。わたし的には、スギ花粉をどうにかしてほしい。総力を挙げればなんとかなるんじゃないかなあ。あと、老後安心できるように、介護問題。能力のある人は、出産しても復帰できますよね。私の周りの優秀な人は皆、子供の預け先を自力で確保しています。やっぱり優秀な人間は違いますね」

「本当にその通りだと思います。仕事が好きなのは私もそうなのでわかりますが、だけど出産したからには子育てをしなきゃいけないっていうのは絶対そうだと思うんですよね……働かないと絶対的に食べていけない人は仕方ないと思いますが、保育園が足りないと言っている人の大半はそうでもない気がします。母親がつきっきりで子供を育てる必要はない!っていう意見もあるようですが……本当にそうかな。んなわけないよね。好きな時に世話してうっとうしい時は預けたいって言ってるようにしか聞こえないんですよね……別にその気持ちは否定しないけど、大っぴらに言うことかなって……なんかみんな行政に踊らされすぎだよ。輝けって言われたから輝くのかって。産めって言われたら産むんかい。そして産んでやったぞ!ってデモ起こすのかね。そんなに保育園が欲しいなら自分たちで運営すれば保育士という仕事もできるのになあ」

反対意見>

「選べる中で敢えて母親業を選んで頑張って輝くのならいいんですよ。選べないから、じゃあ母親業で輝けば? っていうのは違いますよ」

「あなたが命の危機でかかっている病院の女性医師さんが、『あ、私妊娠したんで辞めます』とか言っていきなりいなくなったら、え~! ってなりませんか? あくまで自分と無関係だと思っているからこそ、ヒトの保育園問題に『持論の母親観』を語れるのでしょうね。関係ある人で、自分が困る立場になったら、『保育園でもなんでも預けて働いてよ! 仕事でしょ!?』って言うと思いますし」

「私は、既に育児は終わって孫がいても良い年齢ですが、私もトピ主さん寄りの考えです。ただ、やはり、人間、十人十色、お互いに同じ考えじゃないですし、そして、日本は働きたいからといって、すぐに働ける国じゃないですよね。一度、育児で辞めてしまえば、資格が有って、育児休暇を取れる職業、またその職場によっては育樹休暇がある職場とない職場があって、仕事復帰したくても、辞めたら終わりのような再び採用してもらえないのが、実情なのではないですか」

「男性に言えば? せっかく奥さんが命がけで子供生んでくれたんだから、仕事なんかしないで子供のために輝け、って。なんかおかしい? 同じことでしょ?」

「父親も会社で輝かなくても家庭で子育てしてもいいわけです。幼稚園に入れるまでの3年間、あちらの係長さんもこちらの主任さんも、退職しましょうか。そしてまた3年後にパートから始めますか? 学校を卒業して社会に出るとき、会社でこんな仕事したい、将来的にこういうキャリアを重ねていきたい、その思いは男女で同じだったはず。(最初から退職を想定していた女性もいるでしょう)でも保育園が見つからないことでそれは途絶える。主に女性に限って。トピ主さんもなぜか女性をターゲットにしています」

 トピ主レスはひとつだけ投稿され、最後にこうある。

「一億総活躍社会であるならば、保育園をたくさん作ることより数年子育てで仕事を休んだ方でもキャリアを継続出来るような社会作りも大切だと思います」

 長い時間が必要だとは思うが、筆者はこれは両方必要なのではないかと考えている。育児のために一旦休んでも復帰してキャリアを継続できる社会作り……それは理想的であるが、現状を見ると、保育園整備以上に時間がかかりそうだからだ。日本の会社は、社員が子育てや介護に時間を取られることを考慮して作られてはいない。会社に所属する以上は仕事一本、会社員でない人が子育てや介護を負担する、という分業体制が固まってしまっている。これでは、家庭内に「会社員」が一人もいなかったらその家族は生計を立てられないし、「会社員」が同時に子育てや介護をすることも出来ない。そうやって困っている人を、別の一般市民たちが「自己責任」と叩く。こりゃあ日本はジリ貧間違いなしだ。

1 2 3 4 5

「待機児童問題、批判的な議論「育児で輝けば」「夫の三歳児神話」「なぜ0歳で入園?」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。