女性が上の年の差婚に「年増の女を連れてきた」「孫がほしい」義両親のエゴと過剰な心配

【この記事のキーワード】

「息子がひとまわり年上の女性を連れて来ました」

 トピ主(女性・年齢不明)の息子(20代後半)はバツイチ。子供は前妻が養育していて毎月養育費を支払っている。そんな息子が「結婚を前提とした同棲をする」とひとまわり年上の女性(30代後半)を連れて来た。女性は前妻との離婚や子供の養育費などの事情を理解・了承したうえで付き合っているという。しかし、トピ主は以下のような心配がとまらない。

・離婚から 1年も経っておらず、ただただ心配
・離婚からなかなか孫に会えておらず、息子が再婚したら、さらに会えなくなるのではないかと心配
・息子はまだアラサーであり、相手の年齢が若ければ再び孫を望めるが、今回の相手はアラフォーであり、望みが薄い
・息子は特段モテるタイプではないため、再婚できるだけでもありがたいと思うべきか?
・息子との間に子供(孫)のいない今回の相手とは(義家族というには)距離があり、今後同居を望むのは難しい

 前回の結婚時に浮かない顔をしていた息子が、今回は明るい顔をしている。本人の幸せを願い、親として静かに見守るべきか? という相談だ。

 なんかこう……息子の親というものは、連れて来る女性の値踏み具合がえげつないな、と小町をみるたびに思わされる。ハイスペックとは言いがたい息子でも、“うちの息子に釣り合うのか”と上から目線で相手の女性を品定めする傾向があるようだ。今回のトピ主はそこはオブラートに包んでいるが、今回の彼女と一緒にいて明るい顔をしている息子を見て複雑な感情を抱いていることから、難色を示しているのは明らかであり、のちのトピ主レスからも、やはり年齢のことが引っかかっていると語られていた。トピ文にもあるが、彼女の年齢が30代後半であることがトピ主にはネックで、孫を望めない可能性があることも大きいようだ。それにしても、孫が産まれれば息子夫婦と同居できるかも!と考える神経が分からない。一方で「彼女と結婚したら、前妻と息子との子供にも会えなくなる!」という不安もあるようで、孫フィーバーと息子推しが混ざっていてトピ主も混乱しているのか。

 どっちにしても自分勝手であることにはかわりはないのだが、そんなトピ主にはやはり「孫に会えないのが不満ですか? 我が子に会えない息子さんの方が辛いだろうとは思えないのですか? 親のエゴですよ、それは」「こういうの見るといつも思うのですが、誰の結婚なんでしょう。あなたのお嫁さん探しではないです。息子さんの、生涯のパートナーの話です」など、キツいコメントも書き込まれる。そんな中トピ主レスで追加の情報が投下された。それによると、息子の彼女は「専門職に就き自立」しており「お会いした印象では子供がほしいというタイプの女性ではないように感じ」たとのこと。

「息子さんの幸せを願う気持ちは解りますけどね、バツイチ子ども(養育費)アリ男性にわざわざ若い子どもが欲しい女性が寄ってくる訳無いでしょう。子どもは積極的には欲しくない、経済的にもそれなりに自立している女性となると歳上しかいないのでは? 相手の親だって、子どもがいらないならわざわざバツイチ子持ちの若い男性じゃなく、歳上で経済力のある男性を連れて来て欲しかった…と思ってるかもしれませんよ」

 う〜ん、小町は相変わらず赤裸裸である。確かに、経済力を相手に求め、専業主婦狙いの女性であれば、トピ主の息子は選ばれないだろう。というか、トピ主息子もバツイチながら20代で若いし。

1 2 3 4

あなたにオススメ

「女性が上の年の差婚に「年増の女を連れてきた」「孫がほしい」義両親のエゴと過剰な心配」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。