寝込んだ妻に「俺の飯は?」、育児タイムに一人でテレビ…家事育児意識のない夫に悩む妻たちの雄叫び

【この記事のキーワード】

共働きなのに家事と育児は妻という男性の心理

 相談ではなく問題提起系のトピ。

「日本では、昔から『外で仕事をするのは夫』『家で家事をしながら子育てをするのは妻』という役割分担ができていましたが、それは女性が働ける場所がほとんどなかったからですよね。他にもいろいろ理由はあると思いますが……。現在では妻が家にいるどころか、政府までもが『どんどん働いてください』と言うような時代なのに、こうした役割分担だけはそのまま残っている家庭が多いと思います。

 この矛盾、多くの男性は本当は気付いていながら、でも、それを認めてしまうと自分の負担が増えるので、妻が大変な思いをしているのを分かっていても、あえて『俺の仕事じゃない』と突っぱねているような気がするのですが、どうなのでしょうか?」

 うんうん、そう思う事ある。そもそも、女性の社会進出が進んだ現代ですら、女性は“母性が備わっているもの”とされ、子が産まれたら無条件にそれを慈しむものであるという価値観がいまも強く残るのは、男性側が育児を“なんかめんどくさい”と思っていることも背景にあるのではないかと筆者は考えているし、家事については“男は家の事はやらないもの”という価値観が残り続けている家庭で育ったことで、家の事を何も出来ない男が量産されたのではないかと考えている。男を家の中で甘やかしまくる女たちは(実母を含め)罪の意識などないのだろうからもう本当に厄介だ。

 トピ主はさらに続ける。

「もちろん、妻が専業主婦だったり、夫に比べて極端に就業時間が短かったりする場合はこれに当てはまりませんが、パートでも5、6時間は拘束されるのが当たり前だし、賃金こそ(正社員の)夫にかなわないものの、心身の疲労はかなりのものですよね。そこから家に帰って子供の面倒をみながら食事を作ったり、掃除をしたり、洗濯物を片付けたりするというのは拷問に等しいのではないでしょうか。みんな自分以外誰もやる人がいないから必死に歯を食いしばっているのであって、本当は夫にも手伝ってほしいと思っているはずです。皆さんは、どう思いますか? また『俺は絶対に家事や育児はやらない』と知らん顔する男性や、『息子にそんなことさせないで!』と口を出す姑への対抗策はないものでしょうか」

 本当だよね〜。これからの世の中、おそらくさらに家の外で働く女性は増える。自分の家の中の仕事をいくらやっても生活費は増えない。結婚しても共働きを選択する家庭は今以上に増え、非・専業主婦の女性たちから今よりもっと大きな悲鳴が上がれば、否が応でも家事育児を妻と一緒にこなしていく能力が男性にも必要になってくる。というか、専業主婦と子を養うだけの賃金(高収入ってことだ)を稼げず、家事も育児も「僕はできませーん」な男と、結婚したがる女はどれくらいいるんだろうか。

 と、筆者はトピ主の意見に首を縦に振るばかりだったが、そこはちゃんと小町、コメントでは賛否両論だ。ただ、異を唱える方の言い分としては“夫と同じくらい稼いでからモノを言え”というものだ。ででで出た〜〜〜!

1 2 3 4 5

「寝込んだ妻に「俺の飯は?」、育児タイムに一人でテレビ…家事育児意識のない夫に悩む妻たちの雄叫び」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。