エンタメ

「美魔女はテレビに出すな!」暴言の小籔千豊、その真意は…

【この記事のキーワード】

 そもそも、すべての女性が子供を産み育てなければ一人前でない、という価値観がまかり通れば、子供を産まない女性は半人前ということになり、それこそ「産む機械」という乱暴な言葉と同義になってしまう。また、「我慢をした者が偉い」と言い切ってしまえば、それは女性たちのみならず男性側をも抑圧ししばりつけることになる。

 年相応の容姿ではなく、過剰な美容投資をして若さを保とうとする“美魔女”は、確かに異形の存在に見えるかもしれないが、それもこれも彼女たちの自由。経済的な余裕がある女性が、欲望を満たすために浪費することを、他人がとやかく言う資格はない。実際に節約生活をおくり貯金とストレスをためている若い主婦が、美魔女を見て「イタいわー」と嘲笑したり、「ムカつくわー」とイラだつこともあるだろうが、しかし外野が女性の世代間対立を煽ることは避けるべきだろう。小藪は「自分が見たくないもの」を、「若い女性がかわいそう」とすりかえて発言しているに過ぎない。
(清水美早紀)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。