エンタメ

プリンセス幻想をぶっ壊す! 世界を変えるマイノリティを描く『ゲーム・オブ・スローンズ』

【この記事のキーワード】

「私も頑張ろう」

それだけではない、最新シーズン第1回ではこの北のウィンターフェルでだけでなく、王都キングズランディング、南のドーン、鉄諸島のパイク、ナロー・シーの向こうのエッソスで様々な政変が起き、その中枢にいるのはどれも女性たちなのだ。その中には政治家としての才を持つ者も、獰猛な権力欲を持つ者も、軍事に長けた者も、強い政治的信念を持つ者も、ただ復讐心に燃え制御を失った者もいる。だが共通しているのは、彼女たちにはいかようにも「世界を変える」力があるということだ。鉄の玉座は真に力を持つ者でさえあれば、その属性を問わず、そこに座ることを拒まないのであるという真理をこのドラマは描こうとしている。そして一様ではない女たちを登場させることでステレオタイプ化を避け、女性であることが必ずしも善政を約束したものとは限らないとするのも現実を反映していて公平である。この展開を見て、ますます私はこのドラマをもっと女性に見てもらいたいと思うようになった。

冒頭、記事への感想で最も嬉しいものに私の勧めるドラマや映画に興味をもっていただけたことをあげた。もう一つ、そんな言葉をいただけるとは予期していなかったけれど、心から嬉しかったのは「読んでいて私もがんばろう、と思った」という言葉である。アメリカのドラマはダークで描写も過激、時にストーリーのダイナミックさばかりが目についてしまうかもしれない。しかしその根底の多くには”テーマ”が存在し、制作者たちが本当に伝えたいものはそこにあるのだ。それは大抵私たちの社会や毎日の生活の中にある問題を浮き彫りにするものばかりである。ネットストリーミングチャンネルの台頭で以前に比べると、視聴できる海外ドラマの番組数は格段に増えた。であるのに奥深くまで読み解かず、食わず嫌いしてしまうのはもったいない! ということでこれからも私なりの視点から分析して選んだ海外ドラマをおすすめしていきたい。
パプリカ

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。