「女のファッション=男に見せるためのもの」小籔千豊の偏った価値観がひどい

【この記事のキーワード】

 また、小籔の私服を公開する同番組の企画では、「高いで」と言いながらヴィンテージ眼鏡を紹介。さらに3.1Phillip Limのスニーカーと、DRIES VAN NOTENのスエットを履いていることを明かした。何でも、仕事で舐められないようなブランドを好んで着ており、「そんなん着てたら『あっ』て思う人もおるやん。ADの女の子とかが『それどこの服ですか?』って。『これAcne』って言うだけで、向こうの見る目がくって上がるやん。そしたらまた番組に呼ばれる可能性が上がるやん」とのこと。

 「仕事で舐められないため、自己評価を上げるためにAcneを着ている」とあくまで自身はお洒落を意識しているわけではないことを強調した小籔だが、ボーダーのトップスを着た女性に対し「大してお洒落でもないのに」という言葉を付け加える辺りに違和感を覚える。「お洒落を気にしている」とは言わないくせに、他人のお洒落には口出しするのか。ブランドのネームバリューに頼り、自身のお洒落を磨こうともしていない(もしくはその努力を隠している)人間が、他人のお洒落を批判するのはいかがなものだろう。個人的には、周囲に一目置かれたいがためにハイブランドを着ている男性のほうがお洒落ではないし、ダサくて痛々しさを感じる。

 「男は彼女がいようが結婚しようが、好きな服を着て、どこを露出しても良し。しかし女はダメ」「自己評価を上げるためだけにハイブランドを身につける」――小籔とは、外見コンプレックスの塊で自分に自信がなく、女性を束縛し、自身を着飾ることでしか安心できない人物なのだろう。しかし、それを好んで婚姻関係を結んでいる妻のみならず、全女性に「やめてくれへん」と言うのは理解に苦しむ。少なくとも、3誌もの女性ファッション誌において専属モデルを担う男の言うことではない。小籔を起用している雑誌への不信感は募るばかりだ。

(夏木バリ)

1 2

「「女のファッション=男に見せるためのもの」小籔千豊の偏った価値観がひどい」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。