ライフ

男は妻を「母」にし侮辱するが、真の「母」を侮辱することはできない/二村ヒトシ×林永子『日本人とセックスの解体』

【この記事のキーワード】

男を育てる女

 本にも書かれてましたけど、男性が女性を侮辱するのは、怯えてるから。女性に対して怯えがあるからこそだって。

二村 そうだと思いますよ。あと、罪悪感があったり。もっと酷いのは、男の側が被害者意識を持っていて、しかもそれを認めていない、自覚もしていないってことがあるよね。非モテこじらせ男性の中にたまにいる、自分たちの欲望を受け入れてもらえないからって怒り狂って、女性を攻撃する奴。

 被害者意識って何なんでしょうね? 被害は受けてないわけですよね、実質的な被害は。

二村 いや、たとえば、よくある物語の中では「ヒーローとヒロインが結びつくことで、幸せになりました。めでたしめでたし」という類型ばかりなのに、そういう物語に慣れて育ってきたのに、なんで現実の俺にはパートナーがいないのか、なんで俺がセックスをする権利を奪うのか、なぜ俺は愛されないのかっていう被害者意識ですよ。

 ふーん……なるほど。セックスすればいいんじゃないですかね。

二村 っていう話なんだけどね。でも彼らは女性に対して攻撃的になっているので、ますますその機会を失う。女性だってそんな人たちとセックスしたくないでしょう? あと、いわゆるナンパ師みたいな男の中には、セックスたくさんしてるのに、すればするほど女を憎むようになるミソジニー系ヤリチンもいっぱいいますよ。
でも一方で「自分にとってセックスはあまり意味がないよ」って言ってる男性もいる。顔見りゃわかるんだよね、それが本音で冷静に言ってるのか、それともひねくれて負け惜しみで言ってるのか。いや顔は見なくても、ツイッターの発言でわかる。はっきり、わかる。

 (笑)

二村 本当にセックスが必要ない人というのも当然いる。生身のセックスが本当にしたくない人たちは、それをやらなくていい。セックスは贅沢品だ、っていうことを『日本人はもう〜』でも言ったんだけど、それは「特権階級にしか手が届かないもの」ってことじゃなくて、自分が意志で選択する“人生の趣味の一つ”でいいんじゃないか、っていう。しないと死んじゃう人がすればいいことで、夫婦や恋人の義務だからしなきゃいけないとか、セックスしてるリア充のほうが偉いとか、それはどっちも違うんじゃないかって僕は思う。思うんだけど……、へんな感じで威張ってる人って、実は愛されたくてしょうがない。だから、そういう人って、フェミの人をやたら攻撃する。

 あー……。

二村 本当にセックスが必要ない人って、男性も女性も、そんなにむやみと自分から攻撃的にはならないし、発言が面白いんですよ。セックスや恋がなくても、愛があるしね。
ところが攻撃的な人って、わりと言ってることが凡庸。結局そこには新しい視点があるわけじゃなくて、ただ「俺にも愛をくれよ」って無意識に思って、傷ついていることの代償行為として、叩きあう。それって大変不健康でよろしくないので、そういう人はアナルを掘られればいいんじゃないかっていうのが僕の持論なんですけど。暗黒面に堕ちちゃった頑固なヘイト男たちは、ドライオーガズムを知ることで救われるのではないか。

 (笑)

二村 で、その予備群になりかねない“性に自信が持てない男たち”に、お姉さんたち、それこそ永子さんのようなエロいお姉さんが優しくしてあげて、女の愛し方を教えてあげてほしいという気持ちが僕にはある。もちろん非モテ男子の全員に愛はふるまえないわけだけど、一人一人の女性が、自分から見てちょっと見どころのある男に、こっそりと優しくしてあげたら……。

 あはは(笑)

二村 永子さんみたいな怖そうな女性が、自信のない若い男に、一対一のときだけこっそり「あんた見どころあるよ」って言ってあげたら、すごい自信になる。そうやっていくことで日本の男はちょっとマシになっていくんじゃないか、って気がするんですけど。それがその、めんどうみて甘やかして支配してしまう悪い母性じゃなくてね。ちょっとだけ気まぐれで優しくしてあげるという「男性性を持ってる女性にしか発揮できない優しさ」みたいなものがあるといいなと思うんですけど。これも僕の持ってる菩薩信仰だって言われそうなんだけど……。わかります?

 それ楽しそうですね。ただね、多分これまた私の中の、まだまだ解体し切れていないところなんですけど、「男を育てる女」っているじゃないですか。そういう女、苦手なんですよね、とても。

二村 その苦手意識は、どこから来るんですか?

 歪んだ母性を見てしまうんですよね、そこに。女って、子供とか若手とかに飯食わせる役目を負っている。シモの世話したりとかも。そういうケア行動を、心から大好きで率先してやっている女っていうのが、苦手。それが本当に対象のためになるんだったらいいんでしょうけど、ある一線を越えると、自己満足のために対象を利用する、化け物のような母性に変わっていくところが。

二村 やばい“母”になるよね。

 そのやばい線を越えないところで、格好良く、「もうお前ここまで出来たらじゃあなバイバイ」って若手の男を見送るような、そういう牧場なら作りたいかもしれないですね。

二村 つまりそれって、初対面なのにズケズケ言いますけど、永子さん自身が「母性」の加減がわからなくなるのが怖いってこと?

 そうです。

二村 自分の中に、やばい、甘やかしてしまいそうなやばさがあるから、怖くて出来ない?

 そう。なんでかっていうと、母親がそういう女なんです。……っていう母親の闇を、私は一切この本(『女の解体』)で書かなかったのですが。

二村 それ、すげー気になってたの。お父さんの死に様が出てくるのに、お母さんは一切この本に出てこないんだよね。

 一切出てこない。多分、私が、結婚したくない理由のひとつには、自分の母親みたいになりたくないというのもあって。それを解体して書いちゃうととても一冊におさまりきらないというか、あと三冊くらい書けるかな、と思いまして、ちょっと取っておこうかなと。まぁ基本的にはそういうことなので、その線引きはとても自分の中で気になってるところですね。

二村 いや、もうよくわかりますよ、言ってること。だからこそ、やんなきゃいけないんじゃないですか。

 だから気が重いんです本当に。

二村 いや、やんなきゃいけないっていうのは「お母さんとの関係を書く」っていうこともいずれやんなきゃいけないんだけど、そこまでわかっている永子さんだからこそ、自分の中のチンコをしっかり握って確保したままですね、男たちを育ててほしい。

 やばい線を越えないように?

二村 だって、自覚のない人が一番タチが悪いわけじゃないですか。男に依存するメンヘラも多いけど、男に依存されることで自我を保つメンヘラもいる。常に「息子」をケアしていないと自分がおかしくなっちゃうっていう。それは男を見下していることでもある。そして、それをやられた男は、母みたいな女を憎み始めるんですよ。

 見下す女、嫌ですね。それが愛情なら良いけど自己愛だったらやめておけ。この「自己愛ならやめろ」っていうブレーキを私は放さずにいたいし、一応やばい母性を受け継いでいるんじゃないかという自覚があるので、それにこれからトライしていくのが私のタスクなんでしょうね。

1 2 3 4 5 6 7

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。