壊れそうな赤ちゃん、プレミアムな母乳信仰。初めての出産育児はヤバい精神状態に/『れもん、うむもん!――そして、ママになる――』はるな檸檬さん【前編】

【この記事のキーワード】

自分で自分を追い詰める「初乳プレッシャー」

(C)Lemon Haruna 2016, Printed in Japan

(C)Lemon Haruna 2016, Printed in Japan

京子 はるなさんは妊娠中、自然分娩を予定していましたが、お腹の子が逆子から元に戻らず、帝王切開になりました。本書にはこのときの様子もかなり細かく描かれていますが、「自然分娩への憧れ」って持たれていましたか?

はるな 憧れじゃないですけど、自然分娩で産んで母としての階段をひとつ上るみたいな、母性が芽生えるようなイメージは当初私も持っていました。私は30歳までずっと健康だったし、入院や手術もしたことがなくて、きっと自然分娩で産むだろうなと……。とはいっても、どうしても自然分娩でないと嫌だってことでもなかったです。
 私自身も逆子だったんですけど、産院の思想で、自然分娩にさせられちゃったらしく。分娩に24時間以上かかる大難産でその後の数カ月、母親は起き上がることもできなくなっちゃったんです。何カ月かずっと寝たきりで、母乳だけあげる、みたいな。動けなくなって何もできなくて、本当に大変だったらしくて。そういう話を聞いていたから、私は自分の出産は無理はしたくないなと思っていました。
 たとえば母の時代の常識や、東村先生の出産した時代の常識などを聞いていても、私の時とはまた少し違うんですね。東村先生が約10年前、私が2年前ですけど、ものすごいサイクルで「常識」とされるものが変わっていく世界だなって。噂話的なことだけじゃなくて、お医者さんがああしなさいこうしなさいと指導する内容すらすごい勢いで変わっていくし、その都度「今はこれが主流だから」みたいな感じだから、じゃあ「今の常識」とされていることも今後いくらでも変わるだろうし、あまり何かにこだわることはやめよう、と思ってたんです。自分の母みたいなことになったらしんどいから。

京子 無茶させられて寝たきりって怖すぎます。

はるな その後、母の体は回復したのですが、母の体験から学んだことは他にもあって。うちの母はとても真面目な人で、当時政府に「妊婦は牛乳をたくさん飲むように」と推奨されていたそうで、それをしっかり守って牛乳をいつも飲んでいたそうなのですが、産まれてきた私が牛乳のアレルギーだったんです。母はいつも私を心配してくれて、「お母さんが牛乳飲みすぎたから、ごめん」と言っていました。私はそのことに関して一度も母を責める気持ちを持ったことがありませんが、母はよく自分を責めていて……だけど、母は言われたことを言われたまま、私のためになると思ったからそうしただけだし、まして妊娠中に牛乳を飲んだことと私のアレルギーが関連があるのかもわからない。だから、あまり何かに頑なにとらわれることはないのかな、ということは感じていました。流れに任せるというか。帝王切開になっても、そうですか、なら切ってください、くらいで。

京子 信仰に縛られてしまうと厄介ですよね。分娩方法もですが、母乳育児かどうかということについても、産院によってポリシーが違っていて、入院中の環境が全く異なると思うのですが、はるなさんが産院を選ぶポイントはどこでしたか?

はるな 私は、夫の妹が2人の子持ちで近所に住んでいるんですが、その旦那さんが忙しいので義妹はほぼひとりで育児を全部やっていたんですね。彼女の経験談はすごく頼りになったし、リサーチ力がまたすごくて、近隣の産院情報にものすごく詳しかったんです。近くに大病院があるんですが、そこは『完全に母乳の病院だから、母乳以外は許してくれないから』とか。

京子 私も偶然そこで出産したのですが、確かに完全母乳でミルクを許してくれませんでした。もう私、あれで産後うつになったんじゃないかと思います……。

下戸山 「出ないもんは出ないからしょうがなくね?」って北斗晶も言ってたのに。

はるな そうですね、出ないものは出ないですよね……。結局、義妹の出産した産院が、わりとおおらかだし、助産師さんたちも皆感じがよくて、混合でいけるから、ということで、私もそこに決めました。こういう産院情報も事前に知っておきたいですよね。

京子 でも、はるなさんの出産したそのおおらかな病院ですら、産んだ後、授乳サロンでお母さんたちがうつろな目をして授乳していたという描写がありましたが……。

はるな 完母じゃなくても全然なりますね、うつろな目に。助産師さんたちも親切だし「母乳が出ないなら出ないでミルク飲ませるから大丈夫だよ」と言ってはくれるんですけど……自分で自分を追いつめるというか、私は「初乳」をとにかく飲ませなくちゃいけないという気持ちがとても大きかったです。

下戸山 産後すぐに乳房から出てくる乳汁のことを「初乳」というんですよね。産後1週間程度で成分が変化して成乳(母乳)になると。初乳はめちゃくちゃ栄養価が高く、免疫力を高める働きを持つから絶対に飲ませなきゃダメと指導されました。

京子 「初乳」にプレミアム感出してくるのやめてほしいですよね。

はるな 「生後半年の免疫に関わります」とか言われるんですよね。「この子の一生を台無しにできない!」という強迫観念がものすごくあるから、初乳を飲ませられないことがものすごくつらくて。赤ちゃんって、生後すぐにお母さんの乳首に吸いついてゴクゴク飲むかと思いきや、全然そんなことないじゃないですか。

下戸山 吸われないと乳汁は出ない、でも赤ちゃんはまだ「乳首から食物が出るから唇で吸いついて飲む」こと自体知らないし生まれたてで上手に吸えない、だから出ない、出ないから飲まない、飲まないから出ないという……私はそういう負のループに陥りました。

1 2 3

「壊れそうな赤ちゃん、プレミアムな母乳信仰。初めての出産育児はヤバい精神状態に/『れもん、うむもん!――そして、ママになる――』はるな檸檬さん【前編】」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。