壊れそうな赤ちゃん、プレミアムな母乳信仰。初めての出産育児はヤバい精神状態に/『れもん、うむもん!――そして、ママになる――』はるな檸檬さん【前編】

【この記事のキーワード】

赤ん坊は生と死の境目にいる生き物

(C)Lemon Haruna 2016, Printed in Japan

(C)Lemon Haruna 2016, Printed in Japan

京子 入院中、授乳サロンでお母さんが泣いてるの見ました。おっぱいが出なくて。

はるな 泣きますよ、あれは。

下戸山 私のときは予定日過ぎてから促進剤を打って自然分娩したんですけど、2500グラムくらいでそんなに大きくない新生児でした。で、どんどん体重増やしていきましょうって助産師さんや小児科医に言われるんですけど、でも全っ然、母乳を飲まなかったんですよ。母乳どころかミルクすら飲まなくて、乳首を含ませると舌でベーって出しちゃう。しかも、抱きかかえて飲ませようとすると、一瞬ですぐ寝ちゃうんですよ!! だから授乳のたびに「い、生きてる!?」とか思って。産後一週間ほどの入院のあいだ、産院の授乳ルームっていろいろなお母さんが入れ替わり立ち替わりに出入りするじゃないですか。よそのお母さんは30分くらいで母乳なり母乳+ミルクなりを何10ccか飲ませて、オムツ替えて赤ちゃんの体重はかって記録して出て行く。なのに私は赤ちゃんが母乳もミルクも飲まないから、「最低でも30cc飲ませてみよう」みたいな感じで助産師さんが作ってくれた哺乳瓶のミルクがまったく減らないままそこにいて、何かもう焦りがすごくて。ほかのお母さんたちは出てくのに、ずっと私だけ授乳室にいる、みたいな。タイムスケジュール的には授乳開始から3時間したらまた次の授乳時間なのに、もう2時間経っちゃったよフヒヒ、飲んでないけど寝たいから病室戻ろうかな、って。

はるな いったん病室に戻っても、トイレに行ったり、母乳を出すための乳首マッサージしなきゃいけなかったり、やることいっぱいあるから全く休めないんですよね……。

下戸山 そうなんですよね。病室戻って30分くらいして、ようやくウトウトできたらまたナースコールで授乳呼ばれたり。でも眠すぎて「ホントに無理です」って助産師さんに伝えてミルクをあげてもらったりしていました。また産まれた直後の赤ちゃんって、いったん体重が数10グラム減るじゃないですか。それがなかなか出生体重まで戻らなかったんで、これも「飲ませなきゃ!」ってプレッシャーでした。

はるな 自分の子どもが母乳を飲んでくれないなんて想像もしませんでした。自分からすすんで飲んでくれると思ってましたし、生きる意志がないのかと……赤子って生と死の境目にいるものですよね。

下戸山 生と死の境目ってすごい分かります。半分死んでると思ってましたもん。これを生の世界に呼び戻して大きく育てていくの無理なんじゃないかと。

はるな いつでも容易に死んでしまうような弱いものを24時間ずっと預かるって、こんなに怖いんだと知りました。でも、周りは喜んでくれるし、それはありがたいんですけど、自分が抱える恐怖感とのギャップも大きかったです。

京子 授乳期は、乳頭保護器(哺乳瓶の先みたいなもの)を使って授乳されていたと本書にありますが、いつごろまで?

はるな 結局全然……息子は私の乳首を直で吸うことをずっと嫌がって拒否しつづけました。だんだん分かってきたんですけど、うちの子、生っぽいものがとにかくダメみたいなんです。今でも果物とか全く食べません。ゼリーやプリンみたいな加工物なら食べる……。

下戸山 人間の乳首とか超天然だからイヤなんですね。

はるな そう。人工の乳首のほうが好きで。よく母子で一緒にお風呂に入って、子供がママの乳首を見つけて吸おうとするなんて聞きますが、そんなこと一回もありません。興味を持たれたことすらなくて。ホントこんなに……まあでも、生っぽいモノが嫌いで、人工物に興味を持つ子なんだなってわりきりました。

京子 そういう子もいるんだなって後々、自分が経験すれば分かってくるけれど、でも最初って拒否られると驚きますよね。育児書と違う! って。

下戸山 何カ月まで母乳をあげてましたか?

はるな 9カ月まで乳頭保護器を経由してあげてました。でもとにかく嫌がっていて、ミルクのほうがよく飲みましたね。私は母乳の出自体が悪かったので、吸うのが大変で力が必要だったみたいで、私がおっぱいぽろっと出して母乳あげようとすると「めんどくせぇ~」みたいな顔するんですよ。それでも母乳あげなきゃと思って9カ月くらい頑張りましたが、完全にあきらめて、ミルクにしました。私自身が母乳で育ったということもあり、母乳の方が栄養が濃い、成長にいい……などと色々な思い込みに縛られていたところもあったのだと思います。でもミルクも栄養十分ですからね。なんならK2シロップとかね、母乳だけの子は足さなきゃいけないじゃないですか。

下戸山 私は一カ月で母乳をあきらめて完ミにしました。まあ哺乳瓶を洗うのはめんどくさかったですよね。ミルトンとかね。

京子 私は母乳とミルク混合で、哺乳瓶は電子レンジで消毒するグッズ使ってました。

はるな あれ最初、熱くてびっくりしますよね。私はミルトンのほうがなんか安心な気がしてミルトン派だったんですけど。

下戸山 においが消毒液ですもんね。殺菌されてる安心感。

はるな でも今思うと、本当にあんなに厳密にやる必要があったのかはよくわからないですが……私はかなりガチガチに、ミルクを作るときのお湯は必ず毎回沸騰したものを使って、お水も市販のものを買ってやっていたんですが、女友達で結構おおざっぱな子がいて、その子が産んで一カ月くらいの時に遊びに行ったらウォーターサーバーのお湯と水でミルク作ってて(笑)。ものすごい衝撃を受けたんですが、その子供も今元気に育ってますし……。

京子 私はけっこうそのお友達に近くて、適当でしたね。6カ月くらいからもう、作ったミルクを寝るときに枕元に置くようにしたんです。夜中、赤子が自分で勝手に飲むようになってすごい楽でしたよ。飲み終わったらポンって哺乳瓶放り投げて寝るので、あ~これラクだわ~って。

はるな それくらいで丁度いいのかな。2人目を産んだ人とかはそういう感じなのかもしれませんよね。妊婦さんやお母さんを追い詰める情報はたくさんあっても、ラクにする情報ってなかなか世に出ないなぁと感じます。

(C)Lemon Haruna 2016, Printed in Japan

(C)Lemon Haruna 2016, Printed in Japan

<産後あるあるの定番「実母と喧嘩」はなぜ起こるのか、台湾の子育て文化、父親の育児などなど、後編も盛りだくさんでお送りします/後編は6月5日更新予定です>

1 2 3

あなたにオススメ

「壊れそうな赤ちゃん、プレミアムな母乳信仰。初めての出産育児はヤバい精神状態に/『れもん、うむもん!――そして、ママになる――』はるな檸檬さん【前編】」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。