マタニティマーク、つけるのが怖い派、申し訳ない派、妊婦様派。女性にもいろいろだ

【この記事のキーワード】

「電車の席目当て?どう対応すれば?」

 トピ主・こまえ(女性・年齢不明)は毎朝、満員電車で通勤しているが、始発が出る駅なので時間よりも20分ほど前に列に並ぶようにして座って通勤している。貧血持ちなので倒れないよう自衛のためという意味もある。さて、トピ主はいつも座ったらすぐに目を閉じるのだが、ある朝ふと目を開けたところ、目の前にマタニティマークをつけた妊婦さんがいたのですぐに席を譲った。そして次の日、またふと気付くと目の前には昨日と同じく、マタニティマークをつけた妊婦さんが立っていた。トピ主は同じように席を譲った。

 偶然なのか分からないが同じような出来事が二度重なったことから、トピ主は「妊婦さんに席を譲るのは全然かまわないのですが、私もわざわざ座れるように家を早く出てきているので、もし毎日続いたらしんどいなと思い、ちょっと車両を変えて」みたのだという。そうしたところ、いつもよりもタイミングは遅かったものの、また目の前に同じ妊婦さんが立っていた。わざわざ車両を移動してきたのだろうか。トピ主は仕方がないので譲った。

 ……というようなことが、トピ立ての前週から続いているのだという。もちろん妊婦や高齢者、怪我や病気の方々に席を譲ることに疑問はないのだが、狙ったように追いかけられていることに首を傾げるトピ主。しかし今のところ「譲れ!」と怒鳴られたりしたわけでもないし、特に何かトラブルが起こったわけでもないので何ともしづらい。少し悔しいが、もっと早く家を出て、電車の時間をさらに早めるべきか、どうするか、という相談だ。

 先にトピ主レスを明かすと、その妊婦に「毎日は譲れない」と伝えようとしたけれど、その後のやり取りを想像すると面倒になって結局伝えることはできず、かといって目をとじて寝たフリをするのも心苦しく、乗る電車を変えたのだという。「自分の意志を言葉で伝えることができないのなら、他人の行動なんて変えることができるわけもなく、自分の行動を変えるしかない、人様に愚痴るようなことではなかったと反省いたしました」と反省して終わったのだが、このトピはコメント欄で、妊婦やマタニティマークへの様々な見方を知ることが出来て興味深い。

「マタニティマークは席を譲る必要ありません。倒れた時に『子供がお腹にいます』と知らせるためです。なので、譲らなくていいんですよ」

「優先席ではないんですよね? であれば譲る必要ないと思いますけど」

「(トピ主は)座る事前提で電車に乗らない方が良いのでは? 見た目は健常者でしたら、貧血持ちなんて誰も分かりませんし、座りたいのはみんな同じです」

「この場合は寝たフリしてもいいと思います! その人だって、そんなに座りたいなら20分早く並べばいいのです。妊婦とはいえ、車両が違うトピ主さんをわざわざ探しに来るぐらい元気なのですから並べるはず」

「現在妊婦です。席を譲っていただくことは、善意のもとに成り立っていることだと思っています。きっとあなたが席を譲った妊婦は、お礼も言わず当たり前に座っているんじゃないでしょうか。優先席に座っているわけではないんですよね? 傲慢な妊婦に明らかに利用されていると思うのでそのような人には譲らなくてよいと思いますよ」

「年齢的に可能なら、座れてその妊婦さん来そうな時だけ自分も妊婦バッチ着けます」

 無言でロックオンしてマタニティマークを見せつける……筆者も、このケースはちょっと妊婦側がおかしいと思う。一度座席を譲ってくれた人だからといって、毎回同じ人の前に立つ、しかも車両を変えても探しに行くってダメだろう。う~ん、ただ、もし自分がトピ主の立場であったら、こういうときどうするだろう。

1 2 3 4

「マタニティマーク、つけるのが怖い派、申し訳ない派、妊婦様派。女性にもいろいろだ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。