エンタメ

KABA.ちゃんの胸を後輩に触らせようとするSMAP中居の行為はハラスメントか? セクハラと冗談の境界線

【この記事のキーワード】

メディアが消費するジェンダーとマイノリティ

最後に、日本の芸能界という職場環境の特殊性について、少し触れたい。

MtFトランスジェンダーは、メディアを通して「オカマ」「ニューハーフ」と呼ばれて蔑視や笑いの対象とされてきた。今なお「オネエ」という呼称でゲイ、女装の人々と共にイロモノとして扱われている。わたしは、「ニューハーフ」は水商売に従事するMtFの職業名、「オネエ」は性別や性的指向にかかわらず過剰な女性性を体現するキャラクター名のように捉え、使い分けている。もちろん、いずれの在り方を差別する気はない。しかし、その断りのうえで、あらゆる男性性的マイノリティを「オネエ」とひとくくりにする、メディアとりわけバラエティ番組作りの乱暴さには、強い疑念を抱いている。MtFやゲイや女装のタレントがメディアで笑い者にされ、いじられるのを見るにつけ、気が滅入る。

冒頭で紹介した、『Momm!!』でのKABA.ちゃんの一件が当人にとっては不快なものではないとしても、同じようなMtFにとって弊害を生む可能性はじゅうぶんにある。こうした様子を見た一般視聴者に「MtF=オネエはいじってもOK」という偏見を植え付けかねないからだ。

以前、同じくKABA.ちゃんを取り上げた記事で、トランスジェンダーが性別を移行するのは個人の意志や自己実現だと理解される傾向に、異議を書いた。このような、トランジションを個人の選択の自由と捉える傾向を内面化した当事者もおり、MtFの当事者のあいだで「オカマなんだったら我慢しなさい」といった風に、乱暴なイジリを肯定したり、笑いに転化できるようなタフな態度を強制するような言説が飛び出すことも少なくない。

こうした状況が生まれている背景には、男性が女性に対して性的視線を向け、女性が美醜やかわいさを基準に扱われる傾向にある点も関わっていると推測する。女性の軽視と性的マイノリティに対する差別、それがまかり通っている番組作りという人権意識の低さ、といった様々な要素が「KABA.ちゃんの胸をさわる」という放送内容からうかがえる。そのひとつひとつ、検討の余地がまだまだあり、課題は多い。

なお、本稿でセクハラについて考え、執筆するうえで角田由紀子/著『性差別と暴力 続・性の法律学』(有斐閣選書、2001)と加藤秀一・石田仁・海老原暁子/共著『図解雑学 ジェンダー』(2005 ナツメ社)を参考にした。前者は特に法的な判例をわかりやすく紹介してくれているので、セクハラ問題に関心がある読者はぜひ手に取ってみてほしい。
鈴木みのり

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。