日本史の教科書には出てこない、超上昇志向を持つ女・阿野廉子の執念と実現力

【この記事のキーワード】

日本史の中の女性と聞いて、どんな女性像を思い浮かべるだろうか。

十二単をまとって和歌を詠みあう平安の女房たちや、日本髪を結い上げて大奥で三つ指をつく着飾った側室たちだろうか。もしくは、北条政子や日野富子など、政治の表舞台で活躍した将軍の妻たちを思い出すかもしれない。

南北朝時代前後に、阿野廉子という女性がいた。あののれんし、あるいはかどこと読む。この名前に聞き覚えのある人は多くないだろう。彼女はさきほど挙げた「女性像」に、立場も行いもさらさら当てはまらない。彼女の、ある意味非常にタフな生き方から私が感じるのは「執念と実現力」だ。

本題に入る前に、廉子が生きた当時の社会について簡単に説明したい。

南北朝時代は、列島における史上最大の内乱期である。鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇が新たに作った政権が「南朝」「北朝」に分裂し、争っていた時代だ。この頃の列島は、貨幣経済の浸透や相続制の切り替わりなど、経済・社会の大転換期を迎えていた。南朝と北朝の争いは、そうした社会の変化に伴って生まれた内部の軋轢やひずみを大いに孕んだまま進行し、各勢力が裏切りや方向転換を繰り返した結果、どんどん長引いて行ったのである。

そんな中世の激動期を、阿野廉子は生きていた。

正妻・西園寺禧子と側室・阿野廉子の対照的な関係

1318年、後醍醐天皇が天皇に即位する。

後醍醐天皇は、一言で言い表しがたい稀有な人生を送った人物だ。

当時の天皇家は大きく分けて「大覚寺統」「持明院統」という2つの系列に分派していた。後醍醐天皇は、大覚寺統・後宇多天皇の第二子だ。当時、皇室が分派していたことや周囲の期待が後醍醐天皇でなく、兄の後二条天皇に注がれていたこともあり、彼は本来「即位の機会が来ない」皇族だった。しかし兄の病死など多くの偶然が重なり、後醍醐天皇は31歳という(当時にしては)高齢で「一代限りの王」として天皇になってしまうのである。

今回紹介する阿野廉子は、こんな強運の持ち主である後醍醐天皇の側室だ。ただの側室ではない。彼女はもともと、後醍醐天皇の正妻・西園寺禧子の従者だったのだ。一方、正妻の禧子も、奇妙な運命の女性だった。なんと、後醍醐天皇は彼女を西園寺家からこっそり盗み出して勝手に結婚してしまったらしい。一目惚れとか駆け落ちといったロマンティックな理由からではない。天皇家の中で多大な影響力を持つ西園寺家と姻戚関係を結びたいという打算的な理由が背景にあったようだ。

正妻の禧子は皇女を二人産んだ。側室の廉子は三人の息子を立て続けに産んだ。信ぴょう性のある記述ではないが、南北朝時代の軍記物「太平記」には、後醍醐天皇は禧子とほとんど顔を合わせなかったという。従者の身から見初められ、後醍醐天皇の愛を一身に受けた廉子を、禧子はどう思っていたのだろう。

1331年、後醍醐天皇は鎌倉幕府への謀反をたくらんだとして隠岐へ流罪にされる。この時、禧子は幕府の命令で実家へ戻されたのだが、廉子は後醍醐天皇に付き添って流刑地である隠岐までついていく。首都・京都で何人もの召使を抱えて暮らしていた天皇の妻が、都から遠く離れたど田舎である隠岐に向かうことが、どんなに大変だっただろう。中世においては、流罪にされた先では、身の保証が消失し、結果的に流刑地で殺害される場合が多々ある。流刑にされた天皇の従者といえども、安全な暮らしが担保された状況ではなかっただろう。この行動力は、彼女の意思の強さを示すものかもしれない。

我が息子を天皇に!

1333年、後醍醐天皇の呼びかけに応じた武士たちによって鎌倉幕府は滅亡し、「建武の新政」と呼ばれる後醍醐天皇主導の政権運営が開始される。隠岐まで付き添った阿野廉子も京都へ帰還し、政治にかなり口を出していたようだ。

天皇の妻になり、さらに京都に返り咲くことにも成功した廉子の次の目標は、自分の子に夫の後を継がせることだろう。前述したように、廉子には三人の息子がいた。後醍醐天皇には20人ほどの妻と30人以上の子供がおり、たとえ後醍醐天皇の愛情をほしいままにしていた廉子であっても、次期天皇候補には数多のライバルが存在する。苛烈な皇位争奪戦を勝ち抜かなければならない。

ライバルの代表格は護良親王だ。

彼は皇族であるのにかかわらず最前線で戦う武人であり、倒幕の際には無視できない程度の貢献をしている。一方で従順とは言いがたい態度を取っており、戦が終わったのにもかかわらず武装を解かず、位を求めて父である後醍醐天皇を脅迫するような真似をしたこともあった。また、自分にとって危険な人物の排除には容赦をしなかったようでもある。

ここで、ある人物と阿野廉子の利害関係が一致する。ある人物とは、そう、のちに後醍醐天皇から離反し室町幕府を打ち立てる足利尊氏だ。

後醍醐天皇の求めで倒幕の作戦に参加した足利尊氏は、当時の武家の中で最も権威ある一門だった。皇族による倒幕が成功した今、武家の地位を高く認めてしまうと、また武家政権が復活してしまいかねない。護良親王は早いうちから足利の排斥を訴えており、秘密裏に尊氏を倒すよう各地に指示を出していた。尊氏からすればたまったものではない。

「護良親王が邪魔だ」

阿野廉子と足利尊氏の目が合った瞬間であった。

「太平記」によると、廉子は尊氏の情報をもとに、「護良親王があなたの皇位を乗っ取ろうとしている」という讒言を後醍醐天皇へ伝えたのだという。結果、護良は捕縛され、鎌倉へ幽閉された。のちに分裂した朝廷で後醍醐天皇の後を継いで、南朝の主となるのは、もちろん廉子の息子である義良親王、改め、後村上天皇であった。廉子は皇位争奪戦を勝ち抜いたのだった。

争いの中で輝き続けた廉子

「太平記」の記述は概ね廉子を悪く書いており、正確な史実が分かるわけではない。しかし、正妻の従者から見初められたシンデレラガールが、流刑地まで夫を追い、果てには他者を蹴落として自分の子を即位されることに成功したという衝撃的な情熱は、たとえ物語であったとしても私たちにぞくっとするものを感じさせる。執念を燃やして生きる女の暗躍に、たまらなく漲る生命力が見える。ギラギラした物理的暴力と宗教的暴力がめまぐるしく溢れた南北朝時代において、廉子はひときわ輝いているのだ。

ところで、後醍醐天皇が流罪になった年に実家に隔離された禧子は、その後仏門に入り、30歳の若さで亡くなっている。一方で廉子はほぼその2倍、59歳まで生きた。廉子の追号は「新待賢門院」。奇しくも、平安末期に養父と密通したと言われ、その疑いの火種から二人の息子を「保元の乱」で争わせることとなった鳥羽院の妻「待賢門院」と、同じ名前を持つことになったのだった。

参考文献
森茂暁「太平記の群像」角川ソフィア文庫、2012年

「日本史の教科書には出てこない、超上昇志向を持つ女・阿野廉子の執念と実現力」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。