隠し子発覚、養育費請求…妊娠した不倫相手がすべてを妻にバラす恐怖事件

【この記事のキーワード】

「私の場合は、親が不倫、子供まで作っていたという1点で、二度と『子どもには楽しい家庭』は戻ってきませんでした。嫌悪の対象となってしまった父親と暮らすことは私には地獄でした。必死で再構築しようとしている両親を見れば見るほど、冷めていく自分がいました。できるなら、貧乏でも、自分が働いてでも、父親と離れたかった。実際、高校卒業後は家を出て、大学は奨学金とバイトで卒業しました」

 子が親の不倫と隠し子の存在を知った時、どう思うか。「きょうだいが増えるね、ヤッター」と受け止める子もゼロとは思わないが、親に裏切られたという気持ちで傷を負ってしまうケースが多いのではないか。そこから一緒に生活を続けて行くのは、実は子供にとってもかなり辛い。また、事件勃発当時は何も知らずにいて、成人してから過去の親の不倫騒動を知った場合でも、やはり子供は無傷ではいられない。

 しばらくして不倫相手と夫との子供は無事に産まれた。トピ主は悩んでいたが、離婚は選択しなかった。

「即離婚。私も自分がこのような事態になるまではそう思っていました。浮気されたら離婚だなって夫にも言っていたと思います。だからこそ言い出せなかったし、隠し通したかったと告白されました」

「そして、あんなに言ってたのに、今実際には離婚はできません。自分の気持としてやり直したいですし、不倫相手の思うつぼは我慢できません。それに離婚の慰謝料も養育費もすごく少ないのですよね。ガッツリもらって、というような金額ではないです。大人になったとき、子どもがどう思うかわかりませんし、不安ですが頑張ります」

 子供はどうも何か勘付いている様子だともいう。しかしトピ主は最後のレスで、「子供のために離婚しないわけではない」と明言している。

「子どもを言い訳に離婚をとどまると言う考えではありません。たとえ裏切り行為があったとしても父親はいたほうがいいと私は思っています。家庭は険悪でもなく、冷めた間柄でもありませんので離婚もしたくありません。ただ、たまに思い出してたまらなく悲しい気持になるのです。(中略)

 念のため夫には不倫中のメールのやり取りなども見せてもらいましたが『来てくれないと死ぬ』とか『会社にばらす』とか言われてなだめているようなものが多く、私が想像していた不倫とは違っていました。

 ただ、なぜこんな人と? という疑問で一杯です。今すぐ冷静に色んな結論を出すことは私にはできそうもありません。離婚ですっきりするのでしょうか」

 最後にはまたこう問いかけて、トピ主レスは途絶えている。

 不倫相手との間に子供が産まれたが、離婚は選択しない……ファンキー加藤の妻と同じ立場だ。芸能人の場合は、報道があって、謝罪会見やコメントをして、世間が一通りバッシングして「おしまい」ということにされるが、実際には不倫でつけられた傷も苦しみも、そんなにきりよく「おしまい」にはならない。夫婦関係の修復で合意したとしても、日々葛藤し、揺れ動く気持ちは続いていくのだ。

1 2 3 4

「隠し子発覚、養育費請求…妊娠した不倫相手がすべてを妻にバラす恐怖事件」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。