中世のベビーシッター・乳母は、母親であり、家臣であり、そして出来る女の憧れの職業だった

【この記事のキーワード】
Photo by U.S. Army from Flickr

Photo by U.S. Army from Flickr

母親。

たった二文字でこんなに力強い単語が他にあるだろうか。すべての人間は女性の胎内から発生している以上、良かれ悪かれ、誰しも母の影響から逃れることは難しい。中世でもそれは同じで、やはり女親の影響というものは絶大だ。現代においても産みの親と育ての親が違うことは少なからずあるし、ベビーシッターのように、親以外の大人が子供を育てることもある。しかし、中世においては、産みの親以外の“母親”が(少なくとも上流階級においては)当たり前に存在した。

「乳母(うば、めのと)」。

乳母とは、母親代わりとなって子供に乳を与え、高貴な家の子(乳母から見ると「養君」と呼ばれる)を育てる女性のことだ。簡潔に言い表すと、乳母の仕事内容には、「授乳」「養育」、そして「後見」がある。単なる授乳係ではなく、実の母親に代わって乳を与え育て、成人してからも後ろ盾として支える存在が乳母なのだ。

乳母という字面から、やわらかくあたたかい「母性の体現者」を想起するかもしれない。それは一方では正解であり、一方では間違っていると言えよう。

今回は、乳母という存在を多角的に眺め、当時の女性の生き方としての「乳母」を、紐解いてみたいと思う。なお、今回触れている乳母は、著名な人物に深く関わった「記録に残っている」乳母だ。歴史に名前を記す機会を得なかった乳母たち、そしてここで紹介する以外にも様々な環境に置かれた乳母がいたことは、先に注記しておきたい。

養君のためなら、命を懸けても惜しくない

日本における乳母の研究は、女性史の中では進んでいるほうだと言えるのではないだろうか。男性社会である中世において、女性に関する史料の数は豊富とは言い難い。そんな中でも、歴史の表舞台に立った人々に寄り添っていた「乳母」にまつわる史料は比較的多い。それだけ乳母の存在が重視されていたということなのかもしれない。

乳母と養君は、1対1には留まらない「家族ぐるみ」、それも貴族や武家が持つ政治性も含まれた関係になっている。武家を見れば、乳母の実子は「乳母子」「乳兄弟」と呼ばれる養君のよい家臣になったし、天皇の乳母の家族はみな宮廷での出世が早かったようだ。

平安時代末期を生きた堀河天皇は、臨終の際、別れを告げに来た多くの客を退けて、わずかな近親者と乳母たちの家族に囲まれて死ぬことを選んでいる。このとき、乳母の一人が「どうか一緒に連れて行ってください」と言って泣いたというエピソードも残っているほどで、乳母一族と養君の絆には、「育児を外注したベビーシッター」以上の強さがあることをうかがい知れる。

時代が変わっても乳母と養君の関係の深さに変わりはない。

明智光秀の重臣・斎藤利三の娘であり、江戸幕府の三代目将軍・家光の乳母として名前が知られる福という女性がいる。彼女の家光への愛情の深さを示す話として、以下のエピソードが残っている。

家光は、2011年に放送された大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で有名になったお江と、江戸幕府の二代目将軍である秀忠の子だ。お江は長男の家光より次男・忠長を可愛がっていたため、家臣たちの間には「もしや家光でなく忠長が将軍の地位を継ぐのかもしれない」という気配が漂っていたのだという。

危機感を覚えたのか、家光の乳母・福は、なんと駿府城にいる家康の所に「家光を嫡子と認めて欲しい」と直訴に出向いてしまう。先代の将軍と乳母という身分差がある中での直訴など、不遜以外の何物でもない。下手をすれば命の危険もある。そんな中、当時制限されていた長距離の移動を「伊勢参りに行く」という嘘をついてまで実行し、直訴した福は、その甲斐あって家康に家光を嫡子として認めさせるところまでこぎつけている。「目に入れても痛くない」とはよく言うが、福にとって家光は、命を懸けても惜しくなかったのだろう。それも他人の子供なのに、である。

兄弟がいる場合、母親は自分の味方になってくれるとは限らない。しかし、養君にとって乳母は自分一人の専用の乳母だ。そして乳母にとって養君もかけがえのない存在なのだろう。育ての母親が、産みの母親よりも強い絆で結ばれることもあるのではないだろうか。

実母を抑えこんだ乳母の末路

養君と強固な関係を築いた乳母の中には、銀閣を建立したことで有名な足利義政の乳母・今参局(いままいりのつぼね)のように、壮絶な人生を歩んだ女性もいる。

彼女は乳母でありながら義政の妾でもあるという、現代人からすると奇妙な立ち位置の人物だった。現代風に無理やり例えてみるなら、名族のお坊っちゃまとその専任家政婦が家族公認の愛人関係にあるようなものだろうか。生まれ年は不明だが、少なくとも義政が生まれた時に乳が出ていたわけであるから、今参局と義政は15~20歳程度は歳が離れていたと思われる。

今参局は政治への口出しが激しかったらしい。地方領主の人事をめぐって、義政の母親・重子(つまり今参局の姑である)と今参局の意見が対立したとき、当時16歳だった義政は、今参局の意見を全面採用している。それだけならば、単に今参局の意見のほうが優れていた、というエピソードのように聞こえる。だが、重子の推薦した人物は、なんと今参局の意見で切腹までさせられたという。この話が本当ならば、その大胆さにはある種の禍々しさも感じてしまう。まだ若かった義政は、実母よりも乳母に頭が上がらなかったのかもしれない。

順調に権力を築いていた今参局であったが、それも永遠には続かなかった。義政の正室である日野富子が死産した際、子供が腹の中で死んだのは今参局による呪詛が原因だという噂が流れたのである。義政はかつて実母の意見を退けてでも優先していた今参局を、このときばかりは弁明の機会を与えずに島流しにした。現代人からすると、呪詛など何でもない迷信のように感じるだろうが、中世の人間からすればとんでもない暴力である。義政が噂を信じたかどうかは分からないが、この処分は必要なものだったと言えよう。

近江の沖ノ島に連れて行かれた今参局は、到着する前、あるいは到着後に自害したといわれている。享年は四十代前半。劇的な最期であった。

出来る女の稼げる職業・乳母

ふたつのエピソードからは、乳母は、現代でいうベビーシッターのような存在ではなく、養君にぴったりくっついて側仕えしている身内のように見えるかもしれない。しかしそうではない。乳母はたかだかもう一人の母親である、という解釈は間違っている。

前述した家光の乳母・福が乳母になった状況を見てみよう。父である斎藤利三が本能寺の変の後に反逆者として非業の死を迎えたのち、福は母方の一族に身を寄せ、稲葉正成という武将の後妻となる。しかし、福はのちに夫と別居するようになり離婚してしまう。夫と別れ、4人の子供を抱えた福の一家は、どん底の貧乏生活を強いられた。そんな中、福は家光の乳母になる道を選んだのである。

当時の女性たちにとって乳母とは、目指すべき「稼げる職業」だったのかもしれない。

その証拠になりそうな史料がある。狂言の台本をまとめた「天正狂言本」という戦国時代の書物に掲載されている「京金」という狂言だ。この脚本には、老女が仕事を探す場面があり、最良の選択肢として「乳母」が出てくるのである。タイトルの「京金」は、その老女の、乳母としての名前だ。当時、教養のある女性にとって最も良い職業として、乳母が挙げられていることが興味深い。

乳母という存在は多面的なのだ。乳を与え養君の子守をする「母親代わり」であり、養君と家族ぐるみで主従関係を築き、いざという時は主君に身を賭す「家臣」でもあり、そして圧倒的な男性社会の中で、女性が金銭や出世を掴める可能性が高い「職業」でもあった。

彼女たちの状況や経歴は複雑であり、実態をはっきり説明することは難しい。しかし、教養を活かして養育にあたり、行動力によって養君の地位を守り、自分のため、一族のために報酬を得ていた当時の乳母たちは、養君にとっても一族の者にとっても、頼もしい存在だったことは間違いないだろう。

三歳児神話のように、「産みの親が育てなくては、子供の発育に悪い」という価値観を持つ人は未だに存在する。もしそんな考えを押し付けてくる人に出会ったら、言ってやってほしい。日本中世で「偉人」と呼ばれるような人々は、大体が乳母の乳を吸い、乳母に教えを受けて育っていたのだと。

「中世のベビーシッター・乳母は、母親であり、家臣であり、そして出来る女の憧れの職業だった」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。