連載

「不倫相手と一緒になりたい」と離婚を要求する夫たち。そのとき、妻は…

【この記事のキーワード】

 不倫相手も夫も勝手過ぎる~~っ。自分の経験からも思うが、女性は一度気持ちが離れてしまうともう一度やり直すことは難しいんじゃないですかね。3人での話し合いって、意味が分からなすぎる。巻き込まないで! って思うトピ主、全然おかしくない。コメントでは「早く離婚届を出せ」というアドバイスが多い。また「とりあえず、弁護士雇って手続きしたら? 相手の人も認めてるし、帰ってきたところで旦那さんと一緒に居る気はもうないでしょ? 離婚届と証拠はちゃんと保管して、弁護士に双方慰謝料請求してもらいましようよ」と冷静な手続きを指示するコメントも。このコメント主いわく、「人間しちゃいけないことをする時、緊張感とスリルで興奮するでしょ? ずーっと一緒に居られないから、相手の良い面しか見られないし一緒にいられたらいいのに…って感情になるのね。欲しかったものが手に入ったら、ちょっと冷めちゃう…そんな感じでしょうか。そんな2人相手にするだけ時間の無駄。さっさとけりつけたほうがいいと思うよ」。

 不倫は、お互いの魅力に惹かれるというよりも、やってはいけないことをこそこそとやっているスリルがあることで気持ちが高まるのではないか。ある意味吊り橋効果というか……。秘密を共有しているというところでも、結束は深まるのだろう。ここまで不倫が多い世の中だと、人間、いつでもスリルを求めるものなのかな……と思えてくる。多くの夫婦は、年数を重ねるごとに穏やかな関係になっていくので、不倫相手との恋愛の刺激に比べれば配偶者との関係が物足りなく見えてしまうのか。

 さて、多くコメントのあった「早く離婚届を出せ」アドバイスだが、トピ主はなんと夫に離婚届を破り捨てられてしまったのだという。ひぃ~。

「家を出るために、先日不動産屋に行きました。離婚をして、自由になりたいので、焦ってしまいましたが、着実に事を進めるために、弁護士を探しています。友人も協力してくれます。実家は両親が他界しており、兄夫婦の住まいになっていますので、行くのは難しいです。二人から慰謝料を取ることで長引くのも正直嫌なので、このまま住む場所を見つけたら家を出るつもりです」

 着々と準備を進めているトピ主。しかし怖いのは不倫相手なのだという。

「不倫相手の女の人はとても気が強く、怖い目つきで、なんて表現したらいいかわからないですが、殺されそうな気がするので、関わりたくないのが本音です。夫が浮気相手が怒ると物を投げたりする性格なので、呑気な私がやっぱりいいと気づいたのは本当は、家を出てすぐと言っていました。すぐに同棲解消したかったけど、浮気相手が自殺を仄めかしたりしたのと、何をされるかわからない恐怖心があったので、離れることが出来ずにいたそうです。ですが、恐怖心よりも一緒にいることの苦痛と、私が離婚届を出すと言う決断を聞いて、やっと動き出したという経緯だそうです。しかし、私は夫の言ってる浮気相手の方の目つきや、言動を見て、夫にも浮気相手にも関わりたくないのです」

 夫もとんでもない女に手を出した挙げ句、妻にえらい迷惑をかけて……ほんと、妻の気持ちが夫に戻ることは100%ないから、あきらめてほしい。結局トピ主は家を脱出して一人暮らしすることに成功した。その後のトピ主レスはない。もう弁護士に一任してしまったほうがいいだろう。職場に押し掛けてきそうな気もするが、無事に離婚できますように……。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。