連載

大人になっても姉妹差別、結婚しても実姉の世話。成人後も姉妹トラブルは尽きない

【この記事のキーワード】

 無理無理! あんたたち長女に甘え過ぎたよ。びっくり投票も1万超えだよ。もうこの勢いであればコメントもだいたい想像がつくが「謝りたいなら手紙を夫に託せばいい、簡単なことだ」「そもそも本気で謝る気があるんですかね」というものや「謝りたいんじゃなくてまた利用したいから連絡先を知りたいだけでしょ」と、トピ主と次女の反省を疑う声が多い。また「私なら次女を叩き出す」というコメントもチラホラみられる。あー、でも叩き出されたら次女と子供たちは貧困まっしぐらかもしれないですよ……。

 そもそも、正社員の長女に家事育児をやらせるより、トピ主がパートタイムを減らして手伝った方が合理的だったのでは? コメントでもそこを気にする内容があるが、トピ主はこう反論した。

「私は家にずっといられるタイプではなくパートは20年以上しているのでそこにいけば友人や同僚などと関われる時間を持てるからです。もともとは子供達の教育費のために始めましたが今は既出の理由です。主人にも『もう子どもに金はかからないし、仕事をやめて孫の面倒を見ろ』と言われてしまい、今月中旬でやめることになっています」
「次女はもちろん長女に謝りたい、甘えすぎたと言う気持ちはありますが…やはり『私だって大変なのに! お姉ちゃんばかり自由でずるい』などの発言が目立ちます。自業自得と言われればつらいですが、孫を丸投げして遊びほうけていたのは間違いありませんのでそこはきつく叱りました。今や孫達は次女に甘える気持ちも頼る気持ちも薄れているように思い、より長女がどれだけ孫達をかわいがってくれていたのかが痛感できます…」

 結婚して孫まで産まれた子が離婚して戻ってきたら…婚家で色々あっただろう、しばらくゆっくりしていいから、とトピ主が甘い気持ちになるのは、ちょっとだけ分かる。でも離婚も育児も次女の決断であり責任なのだから、ゆっくりもできないのが現実だ。その責任を負った以上、独身の姉を見て「お姉ちゃんばかり自由でずるい」なんて幼稚な発言をしてはならないんじゃないか。

 で、トピ主の「次女甘やかし」はいまに始まったことではないかもしれない。「姉に厳しく、妹に甘く」の姿勢で、長年、長女の中に蓄積されてきた鬱憤があったのでは……そんな指摘もコメントでは多い。

「二人が小さな頃から長女には『あなたはお姉ちゃんだから~して』とか言ってきたんじゃないのかな?」
「居所すら知られたくないというのは、次女さんの子供たちの世話を押し付けられた事にとどまらないのでは? 子供時代からの姉妹差別等、長女さんに抑圧された長い長い年月を過ごさせませんでしたか? 次女さんの言動のひどさ、ずるさから考えても、言葉が通じない、もしくは話し合いができない相手であるからこその実力行使でしょうから」
「子供の時から長女さんばかりに我慢を強いてたんでしょ? 次女さんが無責任に育った理由が良く解る 例え謝ってもその舌が乾かないうちに『妹ちゃんは兎も角、孫が可哀想でしょ?』とか言いそう 自業自得なので頑張って次女と孫育てしてください」
「どうして、次女は、そこまで我儘なのか。平気で嘘をつき、姉に我が子を丸投げで、放置できるのか? どうして、とぴ主は、長女も次女も同じ『わが子』なのに、次女の育児放棄を温かい目で見つめ、長女をこき使うのか? 結局、幼いころからの家族の習慣なんでしょう」

 こうした追及を受け、トピ主レスでは、姉妹間差別についての自白が始まった。

「確かに私は昔から次女を甘やかしていたかもしれません。長女は子どもの頃から勉強も運動も万能で、おまけに美人なので自慢の娘でした。ですがその反面次女は何をしてもうまくいかず、不憫に思っておりました。主人もやはり努力家で真面目な長女の方がかわいがっていたように思います。ですから私だけは次女の味方を…と思っていたのは事実です」

 さらに次女の離婚裁判のときには、長女が高収入であることをアピールし親権を勝ち取ったことも明らかに。やっぱり最初から長女に孫の面倒を頼む気だったのでは……。

「孫の親権も裁判までいきましたが、こちらは長女が高収入であることや時間の融通がきくなどを押してしまいました…。長女にも口だけでいいからそう証言してほしいと頼んでおりました。今までも就職したら家を出たいと言われておりましたが、次女が当時毎週孫を連れて帰ってきていたことから出て行かないでと無理強いしたこともありました。孫は長女によく懐いており、今でも長女に会いたい、長女のご飯が食べたいなどと嘆いております…」

 なぜ長女が実家暮らしなのか疑問だったのだがこういう事情があったのか……。今回の出来事はあくまでもきっかけであり、それまでのトピ主による次女びいきが目にあまり、爆発した結果なのだろう。もう長女がこの家に戻ってくることもないのではないか。なんだか次女が長女を捜しそうな気もして心配だ。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。