連載

大人になっても姉妹差別、結婚しても実姉の世話。成人後も姉妹トラブルは尽きない

【この記事のキーワード】

 トピ主レスでは「慰めのレスが多いかと思ったのですが、辛口レスが多くてへこんでます」と非常識トピ主のご挨拶がわりの言葉とともに、「旦那に相談なしに仕事を辞めてしまったのは確かに悪かったと思います」と認めた。やっぱり、事後報告だったのか! ひぃ~そりゃダメでしょ。しかし「もともと決断力と行動力は人一倍あるタイプで、これと決めたらすぐ実行派なので思い立って2日後には辞めてしまいました」と行動派なアタシアピール。うん……ちょっと困った人ですかね……。

 トピ主夫から「頭下げてまた雇ってもらえ」と怒鳴られ、恥を忍んで元上司に、再雇用をお願いした。「会社といっても、個人商店のような店なので、同じポジションで戻れるかと思ったのですが上司には苦い顔をされてしまい、週1か2なら…と」

 文面の端々から非常識トピ主の香りが漂いまくる。大体、母親が姉と暮らしてつきっきり状態なのだから、妹であるトピ主が仕事を辞めて「いつでも連絡待機」なんてする必要はどこをどう見ても、やっぱり、ない。連絡がすぐ取れないとヒステリックになる母も結構ヤバい。これ本当に離婚案件じゃないですかね? いまのところ最後の書き込みである3つめのトピ主レスでも、先に言及した「貯金で奨学金返済中」ということについて、新たな事実が投下された。結婚時に貯金はなかったが、夫の両親がお祝いにくれたお金を「きっちり分けて管理しよう」と夫の提案で折半したものが、現在のトピ主の「貯金」であり、すなわち結婚祝いで奨学金を返済しているというのだ。

「仕事を辞めたら次の月の家賃も払えなかったと思います。でも今は夫がいるので、支えになってくれると思いました。だから姉を全力でサポートしようと決断できました。(中略)夫は家事もするし、料理は趣味です。今年43なので、独身生活が長く、家事は一通りできますし、外食もかなり行きます。私のために料理を作ったり、外食に連れて行ってくれたり…いろいろしてくれます。だから今回も姉のことでもサポートしてくれると思い込んでました。それは私の考えが甘かったと本当に反省しています。今も『お姉さんのとこ行ってあげなよ』と声をかけてくれますし、私が疲れてると『夜は外行く?』と言ってくれます。優しいのに…なぜお小遣いには嫌な顔をするのか…」

 当たり前である。夫は稼いだ金を夫婦のために使いたいと思うはずだ。共働き希望だったのだから、姉のことはトピ主が自分で稼いだ金で自由にサポートしてくれ、というスタンスだっただろう。もし協力を仰ぎたかったのであれば、しっかり話をするべきだった。もう後の祭りだが……。

 新婚の娘のところに頻繁に電話をかけてきて結果、仕事も辞めることになったのに何も思ってない、という実母も気持ちが悪い。これでトピ主が離婚協議になって姉の家に転がり込んで来たら、それはそれで実母は怒り狂うんじゃないだろうか。トピ主夫よ、こういう家族を持つ女性と結婚したからには、すんなり離婚成立すると思わないほうがいいぞ、と、遠くからエールを送る。
(ブログウォッチャー京子)

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。