連載

セックスした相手を特別扱いしないことは「嫌われる」一因になる/紫原明子×枡野浩一【1】

【この記事のキーワード】

紫原 執着とかもないんですか? 奥さんに対して?

枡野 だから、僕のこの本、『愛のことはもう仕方ない』に書いたんですけど、僕は全然肉体関係がない女性にも好きな人がいて、その人と…肉体関係がある人との差が……あんましないんですよ、僕の中では。

紫原 ………。

枡野 むしろ、肉体関係のない人とのほうが素敵な関係を持ち続けていられる、みたいな。そういう話をしたら、すっごく嫌がられました、妻に。

紫原 あはははは!

枡野 「なに、それ!?」って。

紫原 肉体関係を持ってしまうと何が変わるんですか、逆に? 想い続けていられなくなる?

枡野 たぶんね、セックスをしないといいやつなんです、僕。

紫原 じゃあセックスすると?

枡野 すると面倒くさいんじゃないかなぁ。態度が変わるとかじゃあないんですよ。

紫原 セックスが面倒くさいんですかね?

枡野 優先順位が低くて、性的なことの。セックスしてる人とセックスしてない人の差がない……。してる人のことを優しくしたりとかしないんですよ、あんまり。

紫原 でもなんか、(肉体関係を持つことで)距離が密になることによって、ふたりだけの世界ができるじゃないですか?

枡野 そういうのヤなんですよね。

紫原 イヤって……気持ち悪いってことですか?

枡野 なんか……ほら、あんまり僕、経験も少なくて、つきあった人も少ないんですけど、一晩すごしただけで「下の名前で呼んでいい?」って聞かれたことがあって。「いやだ」って答えて、別れたことがあります。

紫原 そういう話聞くと、「枡野さん、嫌な男だなぁ」って思ってしまいます(笑)。

枡野 ほんとですよね……。

紫原 そのためにヤッてるみたいなもんじゃないですか! 女性としては!(笑)

会場 (笑)。

枡野 でもその人も訊かなきゃいいじゃない、そんなこと。訊かずに「浩一」って言えばいいじゃない。訊かれたらさぁ、「いやだ」って言うしかないんですよねえ……。

紫原 や、でも、訊かずに「浩一さぁ」って言われても、それはそれで嫌なのでは?

枡野 でも、ちょっと引きますけど、それだとなんとなくペースに巻き込まれて終わるじゃないですか。

紫原 う~~ん……はぁ……。

枡野 今はね、もちろん当然、当時の自分は子どもだったんだなって思いますよ。そんなことぐらいでね、相手にイラつくなんてね、「おまえはまだ修羅場を知らない」と。

紫原 もっと引くことがあると。世の中には。

枡野 と、今は思いますけど。

1 2 3 4 5

あなたにオススメ

「セックスした相手を特別扱いしないことは「嫌われる」一因になる/紫原明子×枡野浩一【1】」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。