「ダメよ~、ダメダメ」から2年半、日本エレキテル連合が目指す王道ではない道

【この記事のキーワード】

ゴールを目指さずに好きなことをやる

――さっきもちょっとお話しましたが、東京新聞のコラムはすごい反響でしたよね。あのテーマはどういうところから思いついたんですか?

中野:私たちのことなんて誰も知らないところから始まって、突然みんなが持ちあげてくれる状態になって、それから落ちて、罵詈雑言が飛び交うようになった。そんな私たちを、変わらずに支えてくれたスタッフさんたちってありがたいな、ということで書いたんです。

――ネットの反応を見てどうでしたか?

中野:反響はうれしかったけど、あんまり目立ちたくないなって。あの記事は、決して良い話ではなく、態度が変わってしまった人に対してチクショー! という気持ちも込めていたので、それがバレたらやべーなと(笑)。

――でも、そういう気持ちが中野さんにあるのもわかった上での反響だとは思うので大丈夫じゃないですかね。

中野:そうだとうれしいんですけどね。

――舞台の仕事をやりたいということでしたが、これからやりたいことは他にありますか?

中野:自分たちで手放したものがある中で、どうやっていくか、策を練るのが楽しい時期でもあるです。一回マイナスまで落ちたところから、色眼鏡なしで新しいお客さんが来てくれるようにするにはどうしようとか考えて。

――そのためにどんなことをしてるんですか?

中野:新しいイベントを立ち上げています。街中で、流行語大賞の盾や、朱美ちゃんの衣装を飾るイベントをしたりして。

橋本:それも、毎日展示するものを変えるので、一日が終わったら、夜中に別の衣装を飾ったり、イベント中は接客したり。

中野:学芸員みたいに(笑)。

橋本:ファンの交流の場みたいにもなってましたね。

中野:朱美ちゃんの衣装を見て、ブティックだと思ってっ入ってくれたマダムもいたり。「新しいお店でもできたの?」って(笑)。

――ファンの方は変わらないですか?

中野:変わらないですね。

橋本:地方まで、Tシャツ着て応援に来てくれる人もいるんです。

中野:でも、注目されていたころに比べれば、ライブの集客とか変わったところもあります。だからこそ新しく知ってくれる人を増やそうと。

――単独ライブを見たとき、お客さんたくさんいるなあと思っていたんですけど、そうなんですね。ネタを書く気持ちに変わりはないですか?

中野:オーディションに受かるためのネタは書かなくなりました。今は無法地帯というか、とにかく好きなことを自由にやらせてもらっているのですごく楽しいですね。できることを精いっぱいやって、成功したいなと。以前は、テレビで冠番組を持って、コンテストで優勝してっていう、漠然としたゴールを考えてたんですけど、それをうまく出来なかったので、今はゴールを考えずに、目の前のことをやっていこうよと思っています。好きな舞台を作ったり。

――そうですね。俳優さんでも、舞台を中心にやってる人とかバイプレイヤーとか、いろんな道があるのに、芸人さんだけ王道を目指さないといけないのは、昔からなんか変だなと思ってました。

中野:成功して、冠番組を持つのとは違う道もあるんだよって示せたらいいですね。これからも、特異な舞台を作ったり、演出も勉強したりして、コントにいろんなキャラを出していきたいです。

日本エレキテル連合単独公演「電氣ノ杜~掛けまくも畏き電荷の大前~」

B2

■大阪公演

【日時】
9月1日(木)18:00開場 / 19:00開演
9月2日(金)18:00開場 / 19:00開演
9月3日(土)12:00開場 / 13:00開演
9月3日(土)16:30開場 / 17:30開演
9月4日(日)12:00開場 / 13:00開演

【会場】
ABCホール(大阪府大阪市福島区福島1-1-30)

※チケット入手方法など詳細は日本エレキテル連合公式サイトにて!
http://www.titan-net.co.jp/live/elekitel_live.php

1 2 3 4 5

「「ダメよ~、ダメダメ」から2年半、日本エレキテル連合が目指す王道ではない道」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。