男性はお姫様がお好き?~映画に見る男性のプリンセス願望

【この記事のキーワード】
『KINGSMAN』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

『KINGSMAN』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

 今回はプリンセスに対する男性の憧れについて書いてみたいと思います。プリンセスといえば女の子の夢……なので、「男性のプリンセス願望とは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。映画の話を絡めながら、これについて分析していきます。

プリンセスの謎

 ディズニープリンセスからダイアナ妃のような実在の女性まで、キラキラのドレスやティアラを身につけたプリンセス(英語では王女と王子妃の両方を指します)に憧れる女の子はたくさんいます。一方、プリンセス願望は階級や容姿に関する偏見を子どもに植え付けかねないという不安を抱いている保護者もいます。例えばペギー・オレンスタイン『プリンセス願望には危険がいっぱい』(日向やよい訳、東洋経済新報社、2012)はこうしたプリンセス願望を批判する本です。この本によると、ディズニーなどの企業は女の子のプリンセスへの憧れを刺激して利益を得ていますが、こうした風潮のせいで女の子は小さいうちから容姿の美しさ、セクシーさを重視する考えを内面化し、「魅力的でなければいけない」という強迫観念のせいで、自分がやりたいことを追求したり、適切な自尊心を持ったりすることが妨げられてしまいます。少女たちはひたすら可愛くなって王子様のような男性を待つ受動的な態度をよしとし、そのせいで人生においていろいろな困難に直面したり、場合によっては鬱や摂食障害などの病気につながったりすることもあるのです。

 私は子どもの時からほとんどプリンセス願望がありませんでした。アニメ版『白雪姫』(Snow White and the Seven Dwarfs, 1937)を見た時は退屈だと思いましたし、好きなディズニー映画はキツネのアウトローが悪代官と戦う『ロビン・フッド』(Robin Hood, 1973)でした。大学に入ってから民話の授業で『シンデレラ』には複雑な歴史的背景があり、多くの芸術作品に影響を与えていることを知って、はじめてプリンセスに興味を持つようになりました。

 私が長年不思議に思っているのは、なぜ男性はプリンセスがこんなに好きなんだろう? ということです。私が研究しているシェイクスピアはもちろん、中世ロマンスや絵画からオペラにいたるまで、プリンセス物語を好んで紡いだ男性芸術家は山ほどいます。前回書いたように私は最近まで英国出張していたのですが、調査先のグラスゴーのケルヴィングローヴ美術館でも、象徴派の画家が妖精のプリンセスを好んで描いたというパネル解説がありました。プリンセスにメロメロなのは実は女性よりもむしろ男性では……? という疑いが私の心にずっとあります。女性と異なり、自らがプリンセスになりたいと思う男性は少ないかもしれませんが、どうもプリンセスが大好きで結婚したいという願望を持つ男性はたくさんいるように見えます。こういうことをデータに基づいて分析するのはなかなか難しいのですが、「男性のプリンセス願望」を垣間見ることができそうな映画が3本あるので、見ていきたいと思います。

空から降るプリンセス

 ウィリアム・ワイラー監督の『ローマの休日』(Roman Holiday, 1953)はお姫様ものの古典です。ヨーロッパ某国の後継者アン王女(オードリー・ヘップバーン)がローマで公務を抜け出し、アメリカ人新聞記者ジョー(グレゴリー・ペック)と恋に落ちます。ロマンティックで機知に富んだ展開と絶妙な配役のため、古い映画ですがとても人気があります。

 上品で天真爛漫なアン王女は非常に魅力的で、女性の憧れとなっています。しかしながらよく見てみると、この映画は少々男性に都合のいい映画です。ジョーはたまたまプリンセスを道で拾い、「これはスクープになる」と考えて彼女と共に行動します。しかし世間知らずな彼女に振り回されているうちに、次第に惹かれるようになり、結局、二人は相思相愛になってしまいます。基本的な設定だけなら、空から女の子が振ってきて主人公が振り回される『天空の城ラピュタ』(1986)とそんなに変わりません。『ローマの休日』はだいぶ大人向けなので、性交渉を暗示する表現も(さりげないですが)ありますし、ジョーは愛のためスクープを諦め、アンが国家への責任のため愛を諦めるというふうに両者が精神的な成長を経験して別れる苦い結末もありますが、とはいえ、男性のプリンセスに対する憧れが窺える展開ではあるでしょう。

 昔から映画ファンの間で囁かれている噂として、この作品は新聞記者、つまりジョーと同じ仕事をする男性にとても人気だと言われています。映画の投票企画などでもこの映画には新聞記者からの投票が多いそうで、どうもジョーの立場に身を置いて楽しんでいる男性がいるようです(文藝春秋編『洋画ベスト150』文春文庫、1988、p. 47)。なんだ、やっぱり男性もプリンセスに憧れているんじゃないですか!

 プリンセスと平民男性という話は人気があり、最近日本公開されたジュリアン・ジャロルド監督『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』(A Royal Night Out, 2015)は『ローマの休日』から強い影響を受けています。これは1945年、第二次世界大戦のヨーロッパ戦勝記念日にエリザベス王女(現在の英国女王)とマーガレット王女がお忍びで外出したという史実を大幅に脚色したもので、兵士ジャック(ジャック・レイナー)とエリザベス王女(サラ・ガドン)の淡い恋をフィクションとして織り込んでいます。妹とはぐれたエリザベスを助けたジャックは、最初は相手が王女だと気付きません。エリザベスが身分を明かすとジャックはひどく驚き、怒ったかと思うと少し嬉しそうにするなど、若者らしい反応を示します。危うく脱走兵になるところをエリザベスに車で兵舎まで送ってもらい、一夜のデートの余韻をかみしめて点呼に戻るジャックの姿は、男性が高貴な女性に対して抱く憧れを体現しているかのようです。

プリンセスとのキス

 もう1本、男性のプリンセス願望を語る上で外せない映画がマシュー・ヴォーン監督のスパイアクション『キングスマン』(Kingsman: The Secret Service, 2014)です。

 主人公のエグジー(タロン・エジャトン)はロンドンで仕事もなく行き詰り、グレ気味です。ところがひょんなことから秘密諜報組織キングスマンのエージェント候補にスカウトされ、テロリストであるヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)の陰謀に対抗すべく、師のハリー(コリン・ファース)の指導のもとで活躍します。

 この映画には強烈なプリンセスが登場します。それがスウェーデン王国の跡継ぎティルデ王女(ハンナ・アルストロム)です。ティルデは、優秀なリーダーのみを残して一般人を抹殺するという計画をヴァレンタインから持ちかけられますが、計画への参加をきっぱり断ったため、ヴァレンタインの秘密基地に監禁されてしまいます。

 終盤でエグジーはヴァレンタインの手下との戦闘中にティルデの監房のドアの前に隠れて身を守ろうとします。物音に気付いたティルデはドアの小窓から外にいるエグジーに話しかけ、出してくれと頼むのですが、エグジーは「キスしてくれる? 王女とのキスが夢で」と言います。エグジーはもともと結構柄が悪く、夢見がちなタイプには見えないのですが、実は童話のプリンセスに憧れるロマンティックな青年だったようです。普通ならばこれはずいぶん失礼な要求ですが、エグジーが訓練を受けたキングスマンはアーサー王の円卓を模した組織です。高貴な女性に忠誠を誓うかわりにキスを求めるのは中世の騎士ロマンス風ですし、劇的な救出で双方ハイテンションなので、無礼というよりむしろエグジーの受けた教育の成果と内に秘めた純情ぶりがのぞく可愛いお願いに見えます。

 ティルデはそんなエグジーの颯爽たる伊達男ぶりにやる気が出てしまったのか「キス以上のことをしてあげる」と露骨に性的誘いをかけます。ティルデを助け出すより先にヴァレンタインと対決しなければいけないエグジーが「世界を救う」とその場を離れようとしたところ、ティルデは世界を救えたならば‘asshole’つまり「ケツ穴」でやりましょうと、直接的な表現でアナルセックスを申し出て励まします。エグジーはヴァレンタインと対決し、牢獄に戻ってティルデのお尻といい雰囲気になったところで映画はおしまいです。

 これは男性のプリンセス願望が炸裂する展開です。ティルデはヴァレンタインの非人道的な計画に反対する頭とガッツを持ち合わせたお姫様で、国民に人気もあるようですし、ブロンドの美女です。そんな高貴な麗人を監禁から救出したところ、相手が自分から性欲満々で迫ってきてくれるというのは、プリンセスに対してあくまでも礼儀正しい騎士でありたいが同時にセックスもしたいという男性の相反する憧れが解決されかのたようなお話です。ティルデが受動的なプリンセスのステレオタイプを打ち破る開けっぴろげで面白いキャラなのであまり気付きませんが、貴婦人にいろいろな意味でお仕えしたいという男性の憧れが凝縮されていると思います。

 こうした男性のプリンセス願望は、既に民話やファンタジーの批評などでは指摘されていることです。カレッジ・オヴ・ニュー・ジャージーで英文学を教えているジョー・カーニィは民話「ろばの皮」について、「富と王族としての輝き」を持ったプリンセスを求める「男性の欲望」が物語のキーであることを解説しています(Jo Carney, Fairy Tale Queens: Representations of Early Modern Queenship, New York: Palgrave Macmillan, 2012, p. 125)。プリンセスとの結婚は男性に社会的地位、権力、富をもたらしてくれるものであり、さらに美貌までついてくるとあらば男性にとっては全ての欲望を満足させてくれる夢の花嫁です。ファンタジーということでは、テレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』などを見ている方にはこの要素はおなじみでしょう。

 男性も女性と同じくらい、あるいはそれ以上にプリンセスへの憧れを抱いているということは男性も女性も意識しておいていいかもしれないと思います。女の子があんなにプリンセスになりたがるのは、実は男性がリッチで可愛いキラキラのプリンセスと一緒になりたいという憧れを持っていて、その趣味に合わせて作った世界に乗せられているだけなのかもしれないとすら思えてきます。プリンセス願望は女の子だけのものではなく、男の子の間にも広がっているものなのです。

「男性はお姫様がお好き?~映画に見る男性のプリンセス願望」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。