連載

余興ムチャぶり、「喪中のくせに神聖なチャペルを(怒)」、花嫁様たちのウエディングハイ

【この記事のキーワード】

「同僚への依頼は、以前から同僚がやってくれると話してたので、式の段取りが決まったタイミングで改めてメールでお願いしました。メールについて突っ込みがきそうですが、先に同僚からメールで「余興ってどうなってるの」と質問がきてその返信で依頼したのでしかたなくです。この時点で四カ月弱準備期間あり。

そのあと口頭でもお願いし、楽器の持ち込みについて相談されたときに、キーボードとハンドベルなら無料だけどそれ以外は持ち込み料がかかるとかそんな話はしました。これについては特に失礼はなかったと思います」

「大学の友達は当日朝、キーボードの音出しの時間に会場へ行ってみたら誰もいない、音が出ないで、困って私に人を呼んでもらえないか聞きに来たときに私が話を聞こうとも動こうともしなかった(これは悪かったと思います)時点で、彼女の怒りが爆発。

人に余興も受付も頼んでおいて、お礼もないし、トラブルでも謝りもしない。だいたい依頼の時点でおかしい、一度もお願いしますと言われてない。結婚行進曲弾けるよね? とかキーボードなら持ち込み料金いらないとか人にものを頼む言葉じゃない。あと、マウンティング? してる暇があったらもっと自分を磨きなよとも言われました」

 結局、Aさんには正式な依頼らしい依頼をしていないことが分かった。持ち込み料金がかかる楽器が必要だった場合、トピ主はその料金を支払うつもりだったのだろうか。持ち込み料金が発生しないような余興をしろ、という要求をしてた可能性もあるがそこは不明である。

「本番ではきちんと音が鳴りました。言い訳させていただくと、お礼については、彼女も受付の作業で忙しそうにしてたし私も気を使ったんです。悪かったなとは思ってますが、キーボードのことは私のせいじゃない、あてつけのように思えて悲しくてしょうがなかったです」

 当日のトピ主の態度うんぬん以上に、お願いの段階から傲慢な姿勢だったことでAさんはイライラきてたんでしょうね……。また、受付や余興をお願いしたらお礼としてお車代を包むのが普通ではないかと思うが、トピ主は何をどう気遣ったつもりなのだろう。

 トピ主は、余興のことでAさんと直前に揉め、『写真や映像に残った自分の笑顔が引きつってしまった』ことがやっぱり一番悔しいのだろう。ということはまだまだウエディングハイ継続中かも。

 失礼のないお願いの仕方ができるか、当日に感謝の気持ちを伝えることができるか、その後の御礼もきちんとできるか……結婚式のときは、意外とその当人のマナーや、自分がその相手にとってどれほど大切に思われている友人なのか、よく分かるものだ。ウエディングハイでその辺が雑になってしまったとしても、その後のフォローで挽回はできるかもしれない。にもかかわらず、トピ主は全部怠っている。しばらく友人や職場の中で“花嫁様”としてネタにされるだろうな。

1 2 3 4 5

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。