父子絶縁の苦しみより、夫婦生活に耐えるほうがツラかったかも…幸せへの未練/枡野浩一×植本一子【3】

【この記事のキーワード】

構成担当F 町山さんは「枡野は息子に会えないことを利用してるんじゃないか?」 「だから逆に会えないんだ」という意味のことを暗に書かれていたと思います。

枡野 それは、町山さんの文章(文庫解説)はすごく説得力はあったけど、そこで僕は「ただの捨てられただけの夫になりたかったよ!」って気持ちだったんですよ。でも実際にはそうならないまま……。でも、親権を取り戻す裁判を(やろうとして)やめたりとかもしたし、何年も何年も離婚のことで話し合いをもとうとしたけどダメだったりとか……。だから僕にとっては、「あの話はどうなったの?」って感じでずっといるっていう気持ちはありますよね。

植本 う~ん……。

枡野 う~ん、でも、自分がどんだけわがままなんだってことがわかってきたりとか、むこう側(元奥さん)の気持ちがわかるって人の意見を聞いたりするようになったので、前ほどは(元奥さんは)ただの謎めいた人じゃなくって、あ、そういう考えの人もいるんだなってわかってきましたけどね。でも、あまり言語化できないことなんですかね、そういうのは。

植本 え~、むずかしい……。言語化……、う~ん……。

枡野 あの、(僕と)おんなじようなこと言ってた人がいて、写真家で海外にいる人で。彼が言うのは「嫌いになったから別れてっていえば普通に別れたのに、嘘の理由をいっぱい言われて、(離婚)裁判が始まっちゃったときには本当にツラかった」って。「あ、僕も同じでしたよ」って意気投合したことがあるんだけど。むしろそこ(嫌いなところ)を言われてたら、「そっか嫌いになったのか」と思ったかもしんない。

植本 は~。

枡野 だから、裁判所で言い合うことって、法律に近づけるから、嘘ばっかり言うんですよ。僕、(元妻の弁護士から)「DV」って言われたのね。(でも僕は)DV(ドメスティック・バイオレンス/家庭内暴力)なんて一切したことなくて。あと借金も、昔したことがあって返し終わってたのに、それも言われたりとか。怖いのがねえ、僕が借金を昔してたことを話してるインタビュー記事があって、同じ雑誌の同じ特集の絵を元奥さんが描いてたのに、その記事を全然読んでくれてなくて……。読んでくれてなかったのかと。枡野浩一特集の雑誌を。その(僕の)片思いぶりね。

構成担当F 植本さんは、こんな枡野さんに同情しないですか?

植本 同情!? わかんない……。でも枡野さんはこれ、こんな同じ話、ずーっとしてんだろうなあって。

二村監督 あの、いいですか? 一子さんは、人、すごい嫌いになったことあります?

植本 人をすごい嫌いになったこと?

二村監督 前につきあっていた人で、もう絶対に会いたくない、顔も見たくない、SNSも完全ブロックみたいな……。

植本 へえ~~っ!? う~ん、私もつきあってきた人はいっぱいいるんですよ。思い出せない人はいますけどね。そんな、すっごい嫌いみたいな人は……いないと思う!

二村監督 はい。それで、南Q太さんの場合は枡野さんのことを完全に嫌っていると思うと。

植本 はいはい。

二村監督 それで植本さんは、子どもって母親のものだと思いますか?

植本 え――っ、そんなことないと思います! 誰のものでもない……。

二村監督 誰のものでもないけどさ、誰のものでもないけど、育つまでは誰かが養育をしなければならない。

植本 誰がしてもいいと思います。

二村監督 父親なり、母親なり。

植本 はい。

1 2 3 4

「父子絶縁の苦しみより、夫婦生活に耐えるほうがツラかったかも…幸せへの未練/枡野浩一×植本一子【3】」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。