連載

「息子の暴力、うちだけが悪いんじゃない!」加害側親の怒りに震える言い分

【この記事のキーワード】

「そんな細かいことを気にして、結婚報告をしないなんてひどい」

 トピ主わっきー(女性・年齢不明・既婚)、こちらも前のトピ主ハンナと同じくらい面倒くさい。わっきーが久々に友人Aに会ったところAが長年付き合っていた彼氏と結婚していたことがわかった。ちゃんと結婚の報告がなかったことにショックを受け、共通の友人のBに連絡を取ったところ、「わっきーだって悪いよ」という主旨の指摘をがっつりされたのだという。

■わっきーの結婚報告をAは他人から聞いた

トピ主わっきーの言い分「Aに伝えようと思っていたら他の友人が伝えてしまっただけです」
Bの意見「せめてフォローすべきだった」

■結婚式に来てね!とAに伝えていたのに呼ばなかった

トピ主わっきーの言い分「結婚が決まって嬉しくてノリで言っちゃったんですけど、後から冷静になると出席メンバーの関係で難しかったんです」
Bの意見「せめて一言謝るべきじゃない?」

■Aからたまたま私に連絡があったときについでに二次会等の連絡をした。

トピ主わっきーの言い分「Aに連絡しようとしていた時にたまたまAから連絡きたから別のタイミングにするのも変だと思って連絡したんです」
Bの意見「せめて一言『頂いた連絡で悪いんだけど』くらい言おうよ」

■Aは静岡に住んでいるのに「遠いから悪いけど」「もし負担じゃなければ」等の配慮の言葉なく都内でやる二次会に呼んだ。

トピ主わっきーの言い分「神奈川寄りの静岡だし、Aはよく都内に遊びに来てるんですよ?」

■Aからの結婚祝いについての連絡を一か月放置してた

トピ主わっきーの言い分「それはちゃんと謝ったし、結婚式の準備で忙しかった」
Bの意見「せめて電話で謝るべきじゃない?」

■結婚祝いをもらったのに内祝いどころかハガキもなし

トピ主わっきーの言い分「お礼の連絡はちゃんとしたし、4000円くらいのお祝いだったからわざわざ内祝いはいらないでしょ?」

 全部細かく言い訳するトピ主、きっと小町で味方を求めているのだろう。

「Aがこんな細かいことをいちいち覚えていて根に持っていたなんてショックです…。どれも些細で小さいことをそんなに気にされても…。と言ったら、じゃあ貴方もAの些細で小さいことを気にしなければと言われましたが、私はちゃんとAに結婚報告をしていたので全く別だと思うのですが、そう思いませんか?」

 いや、細かいのはAじゃなくてトピ主だろ~(笑)。「Aってひどい子だね!」と同意してほしいのだろうか? それは無理だろう。AとBの意見は常識的でおそらく多数派だ。なぜだか結婚式が絡むととたんに信じられないほど非常識な振る舞いをする人って、たまに現れる。

 確かに結婚式の準備は、大変すぎる。いざ準備するまでその大変さは微塵も想像しないので“こんなにキツいと思わなかった……”となり、ところどころの対応がおろそかになってしまうのは理解できる。それにしてもトピ主は、ちょっと杜撰かも。コメントでも「言い訳ばかりで自分の事しか考えてない」「何をやっても許されると考えていると、とんでもないことになりますよ」と批判の嵐だが、逆ギレトピ主はそれらを燃料にして燃え上がる。わっきーも点火した。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。