さまぁ~ず三村『モヤさま』新アナに相変わらずセクハラ&パワハラ全開

【この記事のキーワード】

 この日の放送についてネットでは「ただのパワハラ」、「パワハラ+セクハラ 向こうが勝手に嫌ってんだから狩野は謝る必要なんかないのに」、「さまぁーずって最近すげー神経質のパワハラ芸人感が出てる」など、お笑い番組でありながらお笑い要素よりも三村のパワハラ感を強く感じた視聴者たちの感想が多く寄せられていた。

 三村のセクハラ的言動はかつてmessyでも取り上げたことがあるが、今後の『モヤさま』では福田アナへのセクハラで笑いを取ることになるのだろうか。23日放送のエンディングに映る次週の予告では三村が福田アナの腹に手を当てているシーンがある。触りたいだけのおじさんである。

 狩野アナについての最後の最後でのダメ出しも、カメラが回ってないところでやればいい(というか言う必要すらない)ぐらい笑い要素ゼロである。大物芸人から「クビにしてくんねえかな」と周囲に吹聴されていたというのは、ひとりの社会人としてキツい話だ。三村が抱いていた不満は、食べ物のことの他にも仕事ぶりなどで何らかモヤモヤしたものがあったのだろうが、ただ狩野アナ、福田アナへの三村の対応の違いを見ると、ネットのコメントにもあったように単なるパワハラ&セクハラだ。長らくテレビ局における女性アナウンサーは、アナウンサーとしてよりも性的な対象として消費され、それがひとつのテレビの構図として成り立っているのは分かっているが、正直、テレビでセクハラやパワハラを見せつけられても何も面白くはない。いつまでこんなことを続けていくのだろうか。

(ブログウォッチャー京子)

1 2

あなたにオススメ

「さまぁ~ず三村『モヤさま』新アナに相変わらずセクハラ&パワハラ全開」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。