あなたが持っている“お得ポイント”を国にお知らせするお手紙 「年末調整」の仕組みを平たく解説!

【この記事のキーワード】

とりあえず多めに引かれている所得税

 所得税は、月収と扶養している親族だけで決まるわけではありません。また「確かに2人扶養していたけど、今年に離婚して今は独り身。そのことを会社に言ってない……」という場合、源泉徴収される金額はどうなるのでしょうか?

 月給や扶養親族以外にも所得税に影響することはあります。例えば、生命保険に入っていたら税金が安くなるという「生命保険料控除」がその一例です。それに一年という期間の中にはいろんなことが起こります。生命保険に初めて加入すれば、「生命保険料控除」の対象になりますし、解約すればもちろん、控除の対象から外れることになります。結婚した、離婚した、妻がフルタイムで仕事に復帰したなどで、扶養親族の数が増えたり減ったりすることだって当然あるでしょう。

 しかし、そうした従業員の細かい変化を会社はいちいち把握しきれません。ということで、毎月実際の所得税よりもちょっと高く設定された“とりあえず”の金額を源泉徴収しています。では多めに差し引かれた所得税はどうなるのでしょう? そこで登場するのが「年末調整」です。

 所得税は1月から12月の1年間を対象に計算します。そしてその計算は、たとえ一年の間にいろいろなことが起こっても、すべて12月末日の状況で判断することになっています。ですから12月末日が過ぎないと正しい所得税の金額は計算できません。だからこそ会社は“とりあえず”の金額を源泉徴収していたわけです。「年末調整」のあの紙が、春でも夏でもなく「今年も残りあと少しなんだねぇ」としみじみするこの時期に渡される理由は、「年末も近づいてきたし、今年起こることはもうほとんど起こったでしょ! その辺のことも書いておいてね。そしたらあとで、どのくらい余計に所得税を取り過ぎたか計算しておくからさ!」ということなんですね。

年末調整で所得税のお得ポイントを探せ!

 ここまでの話をざっくりまとめると、「年末調整」は、「とりあえずちょい高な所得税をお給料から引いておいたよ。あとで、お得ポイントを計算し直して返すから、この紙書いてね!」という作業なんです。

 お得ポイントとは、以前解説した「配偶者控除」とか、高校生の子どもがいれば「扶養控除」とか、生命保険に入っていたら「生命保険料控除」などのこと。これらを全部ひっくるめて「所得控除」といいます。これらに当てはまると所得税が安くなって、あとで返ってくるお金が増えます。年末調整の紙を正しく書くのは、自分が持っているお得ポイントをしっかり伝える大事なことなのです。

 あの横長の紙からお得ポイントをあぶり出して、正しい税金を計算し直し、“とりあえず”多く差し引かれていた金額が春に振り込まれる(還付)という仕組みです。ここまで解説すれば、「年末調整」というネーミングにも納得できるのではないでしょうか。意外とそのまんま、ですよね(笑)。

 いってみれば、年末調整とは、会社員の確定申告。毎月1円も差し引かれず、後で1年分の所得税を払うよりも、事前にちょっと多く差し引いてもらって後で戻ってくる方が嬉しいという人が大半でしょうから、なかなかうまくできています。

 年末調整の後にお得ポイントが発生した人や、その年に住宅ローンを組んだ人、医療費が高額にかかった人などもお得ポイントが発生する可能性があるのですが、年末調整ではちょっと手に負えないので、会社ではなく税務署に直接お得ポイントを伝えるため「確定申告」をしましょう。

1 2

「あなたが持っている“お得ポイント”を国にお知らせするお手紙 「年末調整」の仕組みを平たく解説!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。